トランスフォーマー 鋼鉄の戦士たち(洋題:Forged to Fight)の私的メモです

気になるところがあれば、ゲーム内で「BaikinMan112」にご連絡ください

※ブログではコメントを受け付けていません

※ゲーム内であっても、次のような意見は受け付けません。・建設的でない ・独善的 ・極論 ・レアケース偏重思考

2021/02 ミニスペミ「HEAVY METAL」+「TIME AFTER TIME」+スタスクのバレンタイン翻訳

 ・よくわからない箇所はカッコ書きで注釈入れてます
 ・未翻訳の箇所があります。逐次追加していきます。

「HEAVY METAL」
 ヘビーメタル

 [告知メール]
 Commander,
 In this Time-Slide, Wheeljack and Jetfire are attempting to fix a space bridge,
 but are met by resistance from some heavy hitting headbangers.
 Can you defend them long enough to get the bridge functional?
 Find out in this Time-Slide!
  司令官、
  このタイムスライドでは、ホイルジャックスカイファイアー
  スペースブリッジを修理しようとしていますが、
  強襲する変人からの抵抗に見舞われています。
  ブリッジを機能させるのに十分な時間、それらを守ることができるでしょうか?
  このタイムスライドで確認しましょう!

1部
「Ride The Lightning」
 稲妻に乗って

1章
「Paranoid」
 妄想

[スカイファイアー]
 ...that's not where the wires go!
 That's not even a path for electricity!
 Where did you learn science?
  ...それはワイヤーを通すところではない!
  それは電流を流す場所でもない!
  一体どこで科学を学んだのかね?
[ホイルジャック]
 Well EXCUSE ME for trying new things.
 Science is an art and my interpretations can be abstract!
  新しいことに挑戦してほんますまんのう。
  科学は芸術であり、吾輩の解釈は少々抽象的かもしれん!
[メリッサ・フェアボーン]
 Jetfire, Wheeljack, is that you!?
 Thank the maker!
 I haven't heard from you in cycles.
  スカイファイアーホイルジャック、あなたたちですか!?
  創造主に感謝を!
  今まであなたたちから連絡がありませんでした。
[ホイルジャック]
 Ah, Captain Faireborn.
 A welcomed voice in our com-channels.
 You caught us mid attempt to repair this ancient Space Bridge.
  おお、キャプテンフェアボーン。
  吾輩たちの共有チャンネルにようこそ。
  吾輩たちはこの古代のスペースブリッジを修理しようとしていたところです。
[スカイファイアー]
 If by attempt you mean "smashing things together and praying to the Titans that it works"
 then yes, we're attempting all over the place.
  試みによって「物事をもろとも粉砕し、それが機能することをタイタンに祈る」
  という意味であれば、そうだ、私たちは至る所で試みている。
[ホイルジャック]
 You're just grumpy because we keep getting shot
 at as we try to get home and all hope seems to be running out.
  吾輩たちがホームに帰ろうとして撃たれ続け、
  すべての希望が尽きているように見えるから、お前さんはただただ不機嫌だ。
[スカイファイアー]
 YES, THAT IS LITERALLY EXACTLY WHY I AM "GRUMPY"!
  ああ、それは文字通り私が「不機嫌」である理由だ!
[メリッサ・フェアボーン]
 Maybe I should give you two a minute....
  おそらく、私はあなたたちに2分ほど与える必要がありますね....
--------------
[メリッサ・フェアボーン]
 Teletraan got a signal that a powerful Space Bridge was being activated
 but it was a pretty scattered set of specs.
  テレトランは、強力なスペースブリッジがアクティブ化されているという
  シグナルを受け取りましたが、それは相当に散在した一連の動作でした。
[ホイルジャック]
 Ah-HAH! You see!
 Something that I'm doing here is working.
 I don't know WHAT exactly but as long as I keep doing all of it, we're SAVED!
  あーはぁ! 分かりまっかぁ!
  吾輩がここでやっていることは機能している。
  正確にはわらんが、やり続ける限り、吾輩たちは救われる!
[スカイファイアー]
 "When all you have is an astro-hammer, you treat every problem like a quantum-nail"
 to paraphrase an old cognitive bias,
  「あなたが持っているのがアストロハンマーだけであるとき、
  あなたはすべての問題を量子釘のように扱います」
  認知バイアスを古い言葉で言い換えたものだ。
[メリッサ・フェアボーン]
 Well whatever you're hammering at there's a chance we can use
 it as a beacon to focus our team on one time-line.
  あなたが叩いているものは何でも、私たちのチームを
  1つのタイムラインに集中させるためのビーコンとして使用できる可能性があります。
[ホイルジャック]
 That'd be keen if it wasn't for the roaming, mindless, fully armed marauders.
  歩き回る、無知な、完全に武装した略奪者がいなかったら、
  そりゃあ熱心にやるんだがなぁ。
[メリッサ・フェアボーン]
 The who now?
  今のは誰?
[ハウンド]
 WHO IS CLUNKIN' AROUND OUT THERE THAT NEEDS A FEW MORE POUNDS OF LEAD IN THEIR BELLY?
  腹に数ポンドの鉛が必要なのは誰だ?
[ホイルジャック]
 Oh okay, ves that could be a problem.
  オーケー、それは問題になる可能性がありますね。

2章
「No Remorse」
 後悔はしない

[ホイルジャック]
 This Bridge's defenses activated as we landed.
 It scanned our circuits and picked out brothers-in-arms to come and bother us.
  このブリッジの防御は、着陸時にアクティブになってしもうた。
  それは吾輩たちの回路をスキャンして、
  吾輩たちを手間取らせるために戦友を選び出したんや。
[スカイファイアー]
 Fighting us off like we were a virus
 it is programmed to cleanse by creating mighty antibodies.
  私たちがウイルスであるかのように撃退することは、
  強力な抗体を作成することによって浄化するようにプログラムされている。
[ホイルジャック]
 These Bots are anti-EVERYBODY if you ask me.
 Just blast first and ask questions never.
 Makes delicate circuit repair a bit more difficult.
  吾輩に言わせてもらえば、これらのボットはアンチ誰でもや。
  まず言っておくが、爆破は決してできん。
  繊細な回路の修理が少し難しくなってしまうでな。
[メリッサ・フェアボーン]
 Well the good news is that your signal was boosted because
 you're near a powersource we've identified called Emberstone Aspects.
  幸いなことに、エンバーストーンアスペクトと呼ばれる、
  私たちが特定したパワーソースの近くにいるため、信号がブーストされました。
[ホイルジャック]
 Hey anything that can give this hunk-of-junk a jumpstart sounds ideal to me.
 Where's the Aspects at?
  このジャンクの塊にジャンプスタートを与えることができるものは何でも、
  吾輩にとっては魅力的や。
  アスペクトはどこにあるんで?
[メリッサ・フェアボーン]
 That's where things get complicated.
 Due to its power there is a bit of a tachyonic disruption.
 It's possibly up ahead, or was up ahead, or will be up a 
  それは複雑です。
  その力のために、タキオンの混乱が少しあります。
  それはおそらく過去に存在するか、過去に存在したか、
  または過去に存在することになるでしょう。
  (※スクリーンショットのタイミングをミスったのでここで文章が切れてしまっている
    文脈上、「過去にある」「過去にあった」なのでそこから予測)
[スカイファイアー]
 Ah, time-travel complications.
 How quaint and infinitely irritating.
  なんてことだ、タイムトラベルの合併症だ。
  なんて古風で無限に刺激的なんだ。
--------------
[メリッサ・フェアボーン]
 The signal is pinging just beyond this valley, but there may be an incoming--
  信号はこの谷のすぐ先で発信されていますが、着信がある可能性があります-
[アイアンハイド]
 RODENT INFESTATION, I SHALL TERMINATE IMMEDIATELY!
  げっ歯類の襲撃、今すぐ終了させる!
[ホイルジャック]
 Who are you calling a rodent you rotten recycled pile of scrap?
  リサイクルされたスクラップの山を腐らせた齧歯動物、
  誰のことやろなあ?
[アイアンハイド]
 AUTOBOT WHEELJACK! YOU ARE AN INFESTATION!
 YOU SHALL BE TERMINATED!
  サイバトロンのホイルジャック! お前は襲撃者だ!
  終了しなければならない!
[ホイルジャック]
 So it WAS me, I was just wanting clarification.
 Should we feel bad about putting these clones down?
 Do they feel anything?
  なるほど吾輩のことか、ただ説明がほしかっただけや。
  これらのクローンをぶっとばすことについて吾輩たちは気分が悪いはずやけど?
  こいつらは何かを感じるかね?
[スカイファイアー]
 Are you asking me if they possess a Spark and the capacity to feel pain?
 I couldn't possibly know.
  彼らがスパークと痛みを感じる能力を持っているかどうか私に尋ねているのかね?
  私にもわからん。
[ホイルジャック]
 Academic inquiry anyways.
 LOCK AND LOAD!
  とにかく学術的な問い合わせをするでぇ。
  射撃準備!

3章
「Rust In Peace」
 平和の中のさび

[ホイルジャック]
 I've often wondered if I could take Ironhide down.
 Now I guess we know.
 Singlehanded Wheeljack victory.
  アイアンハイドを倒せないかとよく思っとったんや。
  今、吾輩たちは知ったはずや。
  ホイルジャックの単独勝利。
[スカイファイアー]
 You were aided by the Commander,
 their team, and that was a hollow doppelganger.
 It is not a sound test of your hypothesis.
  君は司令官と彼らのチームに助けられた、
  そして相手は中空のドッペルゲンガーだった。
  それは君の仮説の健全なテストではない。
[ホイルジャック]
 You take the wins where ya' can, Jetfire.
 Wheeljack: DESTROYER OF THE DESTROYERS.
 I'll put it on business cards back home.
  スカイファイアー、勝ちは勝ちや。
  ホイルジャック:破壊者の中の破壊者。
  家に帰って名刺に入れとくわ。
[メリッサ・フェアボーン]
 If you're done with your bravado,
 this area irradiated with the Aspect's energy.
 No Emberstone here but there is a boost in power.
  虚勢を張るのは終わりましたか、
  このエリアはアスペクトのエネルギーで照射されました。
  ここにはエンバーストーンはありませんが、パワーが向上しています。
[ホイルジャック]
 I'm NEVER done with the bravado, but boost is noted.
 If we can't jump through the Space Bridge maybe
 we can at least use it as an antenna.
  吾輩は虚勢のつもりはないが、しかしブーストは確認しとる。
  スペースブリッジを使えない場合でも、
  少なくともアンテナとして使えるかもしれん。
[スカイファイアー]
 It would be good to communicate with the team again,
 perhaps organized a focused attack plan.
  チームと再度連絡を取り、焦点を絞った攻撃計画を立てるとよいだろう。
[ホイルジャック]
 Maybe even ask for some food delivery while they're at it.
 I'd slay for a bit of Chrome-Alloy Pie and a bottle of Red Label Engex.
  もしかしたら、食物配達を頼むこともできるかもしれん。
  クローム合金パイと赤ラベルEngexのボトルを一本といきたいねぇ。
  (※Engex:以前も出たことがある、TFにとってのお酒みたいなもの
   参考>https://tfwiki.net/wiki/Engex )
[スカイファイアー]
 Save the delicate fabric of reality first,
 snack courier needs can be a distant second priority.
  まず現実の繊細な構造を保存する。
  スナック宅配便のニーズは、遠い2番目の優先事項になる可能性がある。
--------------
[ホイルジャック]
 I'm getting a signal! Hello? Roger me. Wilco me. Anything!
  信号が届いとる! こんにちは? ロジャー私。 ウィルコ私。 誰でもええで!
[オプティマスプライム]
 **REFUGE AMONG***STARS**//**ARE HERE**//**WAITING!
  **避難の間**星** // **ここにいる** // **待っているぞ!
[スカイファイアー]
 That's not exactly a crystal clear call there.
 Any way to turn it up?
  信号が不鮮明だ。
  精度を上げる方法はあるかね?
[ホイルジャック]
 I'm using power traces from an ancient artifact skipping
 across multiple timelines to convert an interstellar
 matter-transport-bridge into a ham-r
 But yeah lemme see if I can just "TURN IT UP"!
  吾輩は、星間物質輸送ブリッジを通信装置に変換するために、
  (※ここも撮影ミスで途切れている、なので意訳)
  複数のタイムラインをスキップする古代の遺物からのパワートレースを使用しとる。
   せやけど、ええっと、吾輩がただ「精度を上げる」ことができるかどうか見とれよ!
[スカイファイアー]
 So...you can't turn it up then?
  だから...上げることができないのでは?
[ホイルジャック]
 ...I mean probably but when you phrase
 it all simple it doesn't sound like I've done anything cool here today.
  ...おそらくやけど、簡単に言うと、
  今日ここで何かクールなことをしたようには思えん。
[グラインダー]
 YOUR TRESPASS INTO THIS SECTOR SHALL BE MET WITH DESTRUCTION!
  このセクターへの侵入者は破壊されるべきだ!
[メリッサ・フェアボーン]
 I'll keep your signal patched in!
 Good luck with Grindor!
  私はあなたの信号にパッチを当てておきます!
  グラインダーをなんとかしておいてください!
 
★総評:久々のホイジャ&スカファ登場、重要な話をするかと思ったらそうでもなかった

 

「TIME AFTER TIME」
 タイム・アフター・タイム
 (※米国ではよく歌や映画のタイトルになるらしい。
   おそらく他の章タイトルなども同じと思われる。
   直訳は「何度も何度も」)

 [告知メール]
 Commander,
 Join an unlikely ally in this journey to find the source of desirous messages from the future!
 How far should one, go on the quest for their soul... or spark mate?
 Discover true love, the kind that transcends time and space, in this Time-Slide!
  司令官、
  この旅でありそうもない味方に加わって、
  未来からの望ましいメッセージの発信元を見つけてください!
  どこまで、彼らの魂の探求に行くべきでしょう...またはスパークメイト?
  このタイムスライドで、時間と空間を超越する真の愛を発見してください!

1部
「You Will Find Me」
 君は私を見つける

1章
「If You Fall」
 君が落ちたら
 (※ If You Fall in Love などで用いられる。途切れているのはミスかわざとなのか?)

[メリッサ・フェアボーン]
 I can't believe I'm sending this transmission but Starscream we need your help.
  このようなメッセージを送信しているとは私自身信じられませんが、
  スタースクリームにはあなたの助けが必要です。
[スタースクリーム]
 Do my receptors deceive me?
 Is that the pathetic squeal of an Autobot looking for My glorious assistance?
  俺様の耳は嘘をついているのかな?
  それは俺様の栄光の援助を探している、サイバトロンの哀れな鳴き声かい?
[メリッサ・フェアボーン]
 Ugh, not by choice.
 We've been getting a stream of encrypted messages from the future.
 They say they can only be opened by you.
  ううむ、選択肢はありません。
  未来から暗号化されたメッセージのストリームを取得しています。
  それらはあなただけが開くことができると示しています。
[スタースクリーム]
 You expect me to share secrets with you?
 While you're wishing why not ask for a magical astro-pony to ride off on?
  君は俺様と秘密を共有することを期待しているのかい?
  君が乗り降りするために魔法のアストロポニーを注文してみないか?
[メリッサ・フェアボーン]
 We're patching time-streams!
 If YOU want to see Cybertron again I suggest helping!
  タイムストリームにパッチを適用しています!
  セイバートロン星をもう一度見たい場合は、お手伝いすることをお勧めします。
[スタースクリーム]
 ...fine hand it over.
 Oh, this is simple encoding.
 It's a...LOVE LETTER?!
  ...いいぞ、早く渡してくれ。
  ああ、これは単純なエンコーディングだな。
  これは...ラブレター?!
[メリッサ・フェアボーン]
 Someone is risking quantum time-entanglement to send you sappy notes?
  誰かがあなたに幸福なメモを送るために量子もつれの危険を冒していると?
[スタースクリーム]
 It is, they are, and I'm SO FLATTERED!
 They have the best compliments.
 We must find them!
  そうだ、そうとも、なんてすばらしい!
  こいつは最高の褒め言葉だ。
  俺たちは送り主を見つけなければならない!
--------------
[メリッサ・フェアボーン]
 What does the note say?
 Let me have a scan of it.
  メモには何と書かれていますか?
  スキャンさせてください。
[スタースクリーム]
 It's not one note it's a stack and they are PERSONAL.
 The summary is: I'm a great and handsome leader.
  それは1つのメモではなく束であり、プライベートな内容だ。
  要約は次のとおり、俺様は素晴らしくてハンサムなリーダーだ。
[メリッサ・フェアボーン]
 Do you think they are a trap, a lie, or some other third terrible thing?
  それらは罠、嘘、または他の3番目のひどいものだと思いますか?
[スタースクリーム]
 THEY ARE ART! THAT IS WHAT I THINK!
 There ARE Bots who have worshipped me as their dashing commander.
 My army of loyal Sharkticons!
  これらは芸術だ! 俺様はそう考えている!
  俺様をいなせな指揮官として崇拝している連中がいる。
  俺様の忠実なシャークティコンの軍隊だ!
[メリッサ・フェアボーン]
 I thought Thundercracker stole them from you.
  それはサンダークラッカーが盗んだものと思いましたが。
[スタースクリーム]
 It's possible they're colorblind.
 As much as it pains me to admit it, Thundercracker is also dashing...on occasion.
  そいつらは色盲かもしれん。
  認めるのは辛いが、サンダークラッカーの野郎もいなせな時がある...時々だが。
[S-1000]
 LOUSY FLYING BOT IS BACK!
 EAT THE SCREAMER!
 MUNCH THE METAL!
  負け犬の飛行機野郎が帰ってきたぞ!
  スクリーマーを食おう!
  金属をむしゃむしゃと!

2章
「I Will Catch You」
 君を捕まえるよ

[メリッサ・フェアボーン]
 I don't think it was the Sharkticons.
  シャークティコンではなかったようです。
[スタースクリーム]
 When did we come to this stunning conclusion,
 before or after the big one tried to eat me?
  でかいやつが俺様を食べようとする前か後か、
  俺たちはいつこの驚くべき結論に達した?
[メリッサ・フェアボーン]
 At the start it just looked like a toothy hug.
 Any clues for who sent those letters?
  最初は、歯ごたえのある抱擁のように見えました。
  誰がそれらの手紙を送ったかについての手がかりはありますか?
[スタースクリーム]
 No clues, just inspiration.
 Listen to this part: "Crowns were made to fit your noble head,
 you wonderful instrument of destruction".
 Doesn't that stir something inside of you?
  手がかりはない、インスピレーションだけだ。
  この部分を聞いてくれ:
  「王冠はあなたの高貴な頭に合うように作られた、
   あなたは素晴らしい破壊者だ」
  何かかき立てられるものがあるだろう?
[メリッサ・フェアボーン]
 Yeah I feel churning in my stomach.
  ええ、胸焼けがしますね。
[スタースクリーム]
 The author of these notes knows it's my time.
 I should have a meeting with Megatron.
  これらのメモの作者は、今こそが俺様の時代であることを知っている。
  メガトロンと会うべきだ。
[メリッサ・フェアボーン]
 You do that, I'll go radio silent.
 If you survive be sure to drop me a note.
  そうしてください、私は無線封鎖します。
  生き残ったら、私にメモを渡してください。
--------------
[スタースクリーム]
 I received your transmissions, Megatron.
 I am glad you finally see the truth.
  メガトロン、あなたの送信を受け取りました。
  ついに真実を理解していただけてよかったです。
[メガトロン]
 What drivel is leaking out of that warped scrap you call a face?
  お前が顔と呼ぶその歪んだスクラップから、
  どんな戯言が漏れているんだ?
[スタースクリーム]
 In the letters you described my face as having
 "charming edges adoringly carved by the ancients".
  手紙の中で、あなたは私の顔を
  「古代人によって愛情を込めて彫られた魅力的な輪郭」を持っていると表現しました。
[メガトロン]
 Have you lost your pathetic grasp on sanity?
 I am glad I still function to witness your descent into obsolescence.
  お前は正気についての哀れな把握を失ったか?
  俺はお前がまだ旧式化するさまを目撃するために機能していることをうれしく思うぞ。
[スタースクリーム]
 I thought that, since you were from another timeline,
 you had come to see my rightful spot as leader of the Decepticons?
  あなたが別のタイムラインから来たのは、
  私を正当なデストロンのリーダーとして認めるためだと思いましたが?
[メガトロン]
 NO STARSCREAM, OF ANY WORLD OR TIME, SHALL EVER REPLACE ME!
  スタースクリームは、世界を問わず、俺に取って代わるものではない!
[スタースクリーム]
 Well it was worth a shot.
 Nothing ventured, nothing gained.
 I'll see myself out.
  まあそれは一撃の価値がありました。
   虎穴に入らずんば虎子を得ず。
  俺は俺で自分を見送りますよ。
[メガトロン]
 You shall see yourself scattered, piece by piece, across this forsaken wasteland.
  貴様はこの見捨てられた荒れ地の向こうに、少しずつ散らばっているのを見るだろう。

3章
「I'll Be Waiting」
 待っている

[メリッサ・フェアボーン]
 Megatrons across the board are NOT fans of yours!
 Time disruption is up ahead.
  メガトロンは全面的にあなたのファンではありません!
  時間の混乱は先にあります。
[スタースクリーム]
 Doesn't make sense...this can't be where and when the letters were sent from.
 No one is here that I adore.
  意味がない...手紙がいつどこから送られたのかを知ることはできない。
  俺様が敬愛する者はここにはいない。
[メリッサ・フェアボーン]
 There's a few bots wandering around, none of them could have sent it?
  さまよっているトランスフォーマーが数体いますが、
  どれも送信できなかったのでしょうか。
[スタースクリーム]
 No block-headed bumbling buffoon out there could write such poetry.
 The author of these notes truly sees me, they know what light shines in my Spark,
 they know me like no one...else...could.
  そこにいる口うるさい愚か者の石頭じゃ、こんな詩を書くことはできやしない。
  これらのノートの作者は本当に俺様を見て、
  俺様のスパークがどんな光で輝いているかを知っている、
  彼らは俺様を誰よりも知っている...他の者には...できない。
[メリッサ・フェアボーン]
 Starscream? I don't like that look in your optics.
 What's going through that twisted mind of yours?
  スタースクリーム? 私はあなたの光学系のその外観が好きではありません。
  あなたのねじれた心はどうなっているのですか?
[スタースクリーム]
 I know who is risking reality collapsing to send me affirmations.
 WE HAVE TO GET TO THE TIME DISTURBANCE!
  俺様は誰が確言を送るために、現実が崩壊する危険を冒しているのか知っている。
  俺たちは時間の混乱に到達する必要がある!
--------------
[メリッサ・フェアボーン]
 This is an empty field, Starscream.
 Where's your secret admirer?
  これは空のフィールドです、スタースクリーム
  あなたの秘密の崇拝者はどこにいますか?
[スタースクリーム]
 Ask yourself, who knows what I would want to hear?
 Who can describe my beautiful voice?
 Who could brighten My dark days?
  俺様が聞きたいことを誰が知っているのか、自問してみてくれ。
  誰が俺様の美しい声を表現できる?
  誰が俺様の暗い日々を明るくすることができる?
[メリッサ・フェアボーン]
 Primus help us.
 They are from YOU aren't they?
 YOU TIME-LOOPED LOVE LETTERS!
  なんてこと、プライムよ。
  それらはあなたからですよね?
  あなたのタイムループするラブレター!
[スタースクリーム]
 Don't know how I did it, but I needed this.
 I needed to feel pride and strength again.
 I must send them back.
 So I can, if only briefly, know what it is like to be loved
 by someone who truly understands me.
 I didn't write these WONDERFUL words.
 But I NEEDED to read them.
  どうやったのかはわからないが、これが必要だった。
  俺様は再び誇りと強さを感じる必要があった。
  俺様はそれらを送り返さなければならない。
  ほんの少しでも、俺様を本当に理解している者に
  愛されることがどんなものかを知ることができる。
  俺はこれらの素晴らしい言葉を書かなかった。
  しかし、俺様はそれらを読む必要があった。
[メリッサ・フェアボーン]
 Starscream, those letters are a dangerous paradox of space-time!
 How are they looping if you never wrote them?
  スタースクリーム、それらの文字は時空の危険なパラドックスです!
  あなたが書いたことがないのに、一体どのようにループしているのですか?
[スタースクリーム]
 Love is always dangerous, Autobot.
 Stop me if you think you can, but I can't fight this feeling any more.
  愛は常に危険だ、サイバトロンの諸君。
  できると思うなら止めてくれ、だがもうこの気持ちに抗うことはできない。

 
★総評:自分で自分にラブレターとか中学生男子かよぉ、悲しいなあ…


■スタスクのバレンタイン
 A love poem, found in the Decepticon base:
 To Starscream, You are the most amazing creature
 I have ever seen, Your eyes shine with the light of an exploding star,
 Your face, a beauty that should be on every screen, Your voice,
 sweeter music than heard near or far.
 Love Starscream

 ....well that was awkward.
 To make up for it here's some free items to spread the love amongst your team!
  デストロンベースで発見された愛の詩:
  スタースクリームにとって、君は俺様が今まで見た中で最も素晴らしい生物だ。
  君の瞳は爆発する星の光で輝いている。
  君の顔、すべてのスクリーンにあるべき美しさ、
  君の声、どんなものより甘い音楽。
  スタースクリームより愛を込めて。

  ....なんと照れくさいものでしょう。
  それを彩るために、あなたのチームに愛を広めるためのいくつかの無料アイテムがあります!

★総評:ずいぶん殊勝だなあと思ったら、
実は自分向けのメッセージだったというオチ(スペミ参照)
ときめきを返せ!