トランスフォーマー 鋼鉄の戦士たち(洋題:Forged to Fight)の私的メモです

気になるところがあれば、ゲーム内で「BaikinMan112」にご連絡ください

※ブログではコメントを受け付けていません

※ゲーム内であっても、次のような意見は受け付けません。・建設的でない ・独善的 ・極論 ・レアケース偏重思考

ランク6による強弱変化予測

トランスフォーマーは、ランクの上昇により強化されるアビリティがある。
ランク6の実装により、そのアビリティがさらに強化されるのであれば、
キャラのパワーバランスも変わるかもしれないと思ったため、
そのための備えとしてのページです。

 

※実際はランク6にしてもアビリティはランク5のままになるか、
 ランク6になるとしても上昇率がかなり控えめになる可能性が高いと個人的には考えています。
 (=パワーバランスは変わらない)

※線形に上昇することを想定して記述しています。
 (線形でない場合は、ランク4→5の上昇量と想定している)
 全くそうではない場合(急にやたら増えたり、逆にまったく増えなかったり)
 は当然これとは違う結果になります。

 

スカウト    
名称 コメント 影響
ウィンドブレード 出血率や、出血ダメージ・ショックダメージが強化されるが、おそらく体感はあまり変わりなし。(深い傷とは相性がよくなる) C
ランボル クリダメや回避率が上がる。よりウザくはなるがあまり変わりはない。 C
バリケード 必殺2のパワー強奪や、相手のパワーによるクリダメ増加が増える。クリダメの増加率がわりと高いので、攻撃特化キャラとして使えるようになるかも? C
プロール 必殺1のパワー消失や、近接パワー増加、必殺2時の遠距離バフが増えるので、もともと強いのにさらに強くなる B
バンブル シールド破壊時のショックダメージや、バクステ時の回避率、必殺3のクリダメ増加率など。ランク上昇による強化が少ないので、ほぼ変化なし。 C
キックバック パワー漏出や、突進後の回避率、デバフ解除時のパワー増加など。特にパワー漏出はランクによる増加率が高く、影響が大きい B
チータ コンボ時のパワー増加や出血率/ダメージ、遠距離ミス率など。上昇率が低いのであまり影響なし。 C
マイスター(ジャズ) 回避率やクリダメ、混乱時の攻撃力ダウンなど。上昇率が低いのであまり影響なし。 C
     
テック    
名称 コメント 影響
ライノックス シールド復帰速度と出血ダメージ。あまり影響はなし。 C
ラチェット 回復やパワー増加率、ショックダメージなど。上昇率が低いのであまり影響なし。 C
リジェ 敵必殺時の遠距離ダメージ軽減や、パワー消失、必殺3の攻撃力バフなど。パワー消失が上昇するというのは、どのキャラであれ影響が大きい。 B
サウンドウェーブ 強、必殺2のパワー増加率とパワー漏出。パワー増加率はやや低い印象があるので、強化されるとだいぶ使いやすくなるかも。 B
レーザーウェーブ ショックダメージやパワー漏出など。パワー漏出が増えるのはいいが、上昇率がかなり低いので影響低。 C
ブロードキャスト アンプダメージや遠距離妨害など。アンプダメージは上昇率が低く、遠距離妨害はダメージしか下がらないのであまり影響なし C
ホイルジャック アプグレの強化やショック、パワー漏出率など。紫のパワー増加アプグレが揃ったときの影響が大きい。青の防御も案外大きいかもしれない。 B
スカイファイアー 反射ダメージや各種必殺のバフなど。元々からあまり影響がないスキル。 C
     
デモリションズ    
名称 コメント 影響
アイアンハイド クリダメや炎上、必殺2のクリ率/クリダメ。必殺2がさらに強化されることになる。 C
ミックスマスター 必殺バフ、クリダメバフ、酸の確率/ダメージ。バフの数が多いので多少は影響があるかもしれないが、バランスを覆すほどではない。 C
ワスピータ 耐性デバフとピンチ時の必殺ダメ増加。あまり影響はない。 C
メガトロン 制御不能の時間と、必殺2の遠距離バフ。ランクによる上昇率が低いので影響なし。 C
ラムジェット 必殺の炎上率/ダメージとスタン率。もともと必殺が当たらないので影響なし。 C
ガルバトロン ダークエネルギーによる遠距離バフと、闇の炎のダメージ。上昇率も低くあまり影響はない。 C
メガトロナス 攻守レリックの強化とパワー、ライフ強奪率。防御レリックの強化とライフ強奪率が上がるのでさらに盤石に。上昇率が線形ならライフ強奪率は15%→18%になる。 A
     
タクティシャン    
名称 コメント 影響
コンボイ 攻撃バフ、防御バフと必殺時のガード破壊率/効果。初期キャラらしくランクによる上昇率が高いので、影響は大きい。 A
スタースクリーム 遠距離クリ率とショックダメージ、必殺時のバフ・デバフ効果。上昇率が低くあまり影響なし。 C
バンブルビー 回避率と攻撃バフ、必殺1の防御破壊率/効果。回避率のランク上昇率が高いので、敵として出たときはさらに面倒に。 B
ウルトラマグナス 耐性バフと防御破壊効果。シグ強化により単独扱いになる敵の場合はカチカチになりウザさが急上昇したが、今回もそうなりそう。 B
ダイノボット 基本的に防御破壊率/効果に影響。あまり影響なし。 C
メガトロン 強攻撃のフルパワー時強化と、必殺1,2のデバフ強化。もともとこれらの効果に頼っていないキャラなのであまり変化はない。 C
サイクロナス 相手のバフ消去率や、ダークエナジーをはじめ各種バフ効果。順当な強化であまり影響はない。 C
ネメシスプライム ダークエナジーの増加速度とバフコピー率。影響はあるといえばあるが、ないともいえる。 C
     
ブロウラー    
名称 コメント 影響
グリムロック パワー増加率と炎上ダメージ。どちらも上昇率がそれなりで地味に影響が大きい。 B
グラインダー 被弾時の防御バフとクリデバフの効果量。元からついている防御バフと合わせて7割近くカットするし、マスタリーのクリ時防御貫通も無意味になるので敵として出たグラインダーは相当うざいが、ランクによる上昇率も高い(10%くらい)のでさらにウザさが加速度的に上がる。
被弾時の防御バフはプレイヤーサイドだとほぼ意味ない。
A
モーターマスター 強、必殺3のデバフ効果と必殺2の制御不能時間。限定的だし上昇率もさほどでもないのであまり影響なし。 C
オプティマスプライム 防御時ランダム発動の防御バフと、近接時ランダム発動の近接バフ効果量、出血時の回復量。近接バフのランク上昇率がわりと高いので、火力面では影響がそこそこありそう。(現状でもランク5になると51%) B
ビーストコンボイ 防御と近接バフ、出血の効果量。防御バフは順当に行くと最大+5%(各+0.5%)なので地味に大きい。 B
タントラム 近接バフと制御不能時間、炎上ダメージ。ランク上昇率が低いので影響は少なめ。 C
サンダークラッカー 浄化時の近接バフ効果量と、必殺3のショック。影響がほぼない箇所。 C
     
ウォリアー    
名称 コメント 影響
アーシー 遠距離回避率、ヘッドショット率、必殺の出血ダメージ量など。現状でもヘッドショット率はややたよりない(50%くらい)ので、確率が上がってくれると助かる。 B
ブラジオン 出血ダメージ、クリ被弾時防御アップ率/効果量、必殺時気絶率。クリ被弾時防御アップとかいう敵専用能力はランクの影響が大きく、よりウザくなることが想定される。 B
ボーンクラッシャー 各出血率/効果量など。順当に上昇すれば必殺1の出血率がほぼ確定(90%→99%)になり安定するので、上昇してくれれば赤トップクラスにも手が届く。 A
ドリフト 回避率低下量、クリダメ、出血率/効果量。どれもドリフトの軸になる能力だが、ランクによる上昇率はあまり高くないので影響はほぼない。 C
ホットロッド 減速時のパワー減衰とクリ率上昇。ランクによる影響はそれなりだが、どちらも地味。 C
ハウンド 防御バフ効果量、各種クリ率/ダメージなど。正直多少上がってもあんまり意味がない箇所ばかり。 C
スコルポス バックファイアダメージ、出血率/効果量、めまい効果時間。バックファイアのランクによる上昇率はわりと高く、強化されると結構大きい。 B
ネクロトロナス パワー減衰率、タイタンチャージの攻撃バフ、出血ダメージ。パワー減衰率が各ランク10%上昇なので、これの影響は結構大きいかもしれない。 B