トランスフォーマー 鋼鉄の戦士たち(洋題:Forged to Fight)の私的メモです

気になるところがあれば、ゲーム内で「BaikinMan112」にご連絡ください

※ブログではコメントを受け付けていません

※ゲーム内であっても、次のような意見は受け付けません。・建設的でない ・独善的 ・極論 ・レアケース偏重思考

2021/06 ミニスペミ「ANIMAL ALTERCATION」+「PURPLE REIGN」+霧ミ「GORILLA IN THE MIST」翻訳

 ・よくわからない箇所はカッコ書きで注釈入れてます
 ・未翻訳の箇所があります。逐次追加していきます。

「ANIMAL ALTERCATION」
 動物の口論

 [告知メール]
 Commander,
 Rhinox's space bridge was wrecked by Cliffjumper coming through,
 ruining their chances to go back.
 What's worse it seems that Wheeljack missed a figure or two
 in his calculations and his meddling with time and
 space is having far-reaching consequences across New quintessa!

  指揮官、
  ライノックスのスペース ブリッジは、クリフによって破壊され、
  戻る可能性を失いました。
  さらに悪いことに、ホイルジャックは計算で 1 つか 2 つの数字を見逃したようで、
  彼の時間と空間への干渉は、ニュークインテッサ全体に
  広範囲にわたる影響をもたらしています。

1部
「Mammal Military」
 哺乳類軍

1章
「Feline Fight」
 キャットファイト

[チータス]
 How's the experiment coming along, Rhinox?
  ライノックス、実験の調子はどうじゃん?
[ライノックス]
 Slowly, and slower still with constant interruptions.
  ゆっくりと、そして絶え間ない中断があってまたゆっくりなんだな。
[チータス]
 Sheesh, excuse a cat for being curious.
  くそっ、好奇心旺盛な猫でごめんじゃん。
[ライノックス]
 Fixing a Space-Bridge is delicate, careful,
 and exacting work. I need the entirety of my focus.
  スペースブリッジの修理は、繊細で、慎重で、厳しい作業なんだな。
  ぼくが全力で集中する必要があるんだな。
[ビーストコンボイ]
 Not to split that focus further,
 but I am picking up an odd transmission from Wheeljack.
 Something about using the bridge to bring over....Cliffjumper?
  その集中を邪魔するつもりはないが、
  ホイルジャックから奇妙な送信を受け取った。
  ブリッジを使って....クリフを連れてくることについての何か?
[ライノックス]
 Oh tell me he's not doing that this very Cycle.
 The loose-circuited fool is going to ruin everything!
  ああ、彼はこのサイクルを実行していないと教えるんだな。
  ゆるゆる回路のバカチンがすべてを台無しにするつもりだな!
[チータス]
 By the sparks starting to fly out of this tech.
 I'd say he's already started ruining it!
 Let's make tracks, Maximals!
  この技術から飛び出す火花によって。
  彼はすでにそれを台無しにし始めているじゃん!
  道を作るぞ、マキシマルズ!
--------------
[ライノックス]
 Space-Bridges across the sector are shorting out.
 Reality ripples and time-portals are manifesting.
 What in the scrap were they doing?
  セクター全体のスペースブリッジが不足している。
  現実の波紋とタイムポータルが現れているんだな。
  彼らはスクラップで何をしていたんだな?
[ビーストコンボイ]
 Best I can sort out through the noise
 they were trying to bring over a timeline anomaly to disrupt Quintesson plans.
  クインテッサ星人の計画を混乱させるために、
  彼らがタイムラインの異常を持ち込もうとしていたノイズを解消するのが最優先だ。
[チータス]
 Fellas I'm not feelin'...so...hot.
 Got a short, or a spark, or something...burning.
  みんな、俺は気分が良くないじゃん...とっても...暑い.
  ショート、スパーク、それとも何かが燃えてるじゃん。
[ライノックス]
 We don't have time for a full diagnostic right now Cheetor.
 You think you can walk it off until we can sort you out?
  今は健康診断をやっている暇はないんだな、チータス。
  これが片付くまで、少し離れていてもらえるんだな?
[チータス]
 Oh I think I'll be good once I get a meal.
 Biting into some rhino-steaks and gorilla grub sounds invigorating.
  お肉を食べたら元気になれると思うじゃん。
  サイのステーキやゴリラの手を噛むといい音がするじゃん。
[ライノックス]
 Those timeline anomalies you were talking about, Optimus.
 This would be one of those?
  コンボイ、あなたが話していたタイムラインの異常。
  これもその一つなんだな?
[ビーストコンボイ]
 It would seem so.
 Cheetor we will need you
 to stand down until this alternate universe overtaking has passed.
  どうやらそのようだ。
  チータス、この異世界が通過するまで、
  君にはおとなしくしてもらう必要がある。
[チータス]
 I got a better idea! Why don't I claw you two to shreds!
  俺にいい考えがあるじゃん!
  みんなをズタズタに引きずりまわしてやるじゃん!

2章
「Gorilla Grudge」
 ゴリラの恨み

[チータス]
 WOW! Sorry about that.
 I don't know what got into me.
  わお! ごめんじゃん。
  何が俺の中に入ったのかわからないじゃん。
[ライノックス]
 Maybe eat an Energon Goodie.
 You're apparently not you when you're hungry.
  エネルゴングッディを食べるんだな。
  お腹が空いているときは、どうやらチータスらしくなくなるんだな。
[ビーストコンボイ]
 Sadly I think there is more to this than just an empty stomach.
 The waves of twisted reality and
 shattered timelines are changing everything around us.
  悲しいことに、これには単なる空腹の影響ではないようだ。
  ねじれた現実と砕け散ったタイムラインの波は、
  私たちの周りのすべてを変えている。
[ライノックス]
 Keep your heads on a swivel and your scanners on full.
 There's no telling what changes will come next.
  頭を回転させ、スキャナーを完全にオンにするんだな。
  今後どのような変化が来るかわからないんだな。
[オプティマスプライム]
 Rhinox is right,
 we can not be sure what timeline distortions we will encounter next.
  ライノックスは正しい。
  次にどのようなタイムラインの歪みに遭遇するかわからない。
[ライノックス]
 Prime? Where's....Primal?
  プライム? コンボイ…どこなんだな?
[オプティマスプライム]
 Primal? That's who we are hunting.
 The rogue Maximal.
  コンボイ? それは私たちの獲物だ。
  ならず者のマキシマル。
[チータス]
 Oh this reality smashing nonsense is
 going to give me a massive headache isn't it?
  ああ、センスなさすぎじゃん。
  頭が痛くなってくるじゃん。
--------------
[ライノックス]
 Optimus Primal was standing RIGHT where you were.
 This doesn't make sense.
  コンボイは君のいる場所に立っていたんだな。
  意味がわからないんだな。
[オプティマスプライム]
 I do not know what to tell you except
 that I have been on this hunt with you for many Stellar-Cycles.
  多くの星系のために君と一緒にこの狩りをしてきたことを除いては、
  私は君に何を伝えるべきかわからない。
[チータス]
 I think Wheeljack and his team did more damage than they know.
 Bringing someone new here has majorly shifted reality.
  ホイルジャックとそのチームは、
  本人たちが知っているよりも多くの被害を与えたと思うじゃん。
  ここに新しいメンバーを連れてきたせいで、
  現実が大きく変わってしまったじゃん。
[ライノックス]
 Well hopefully this shift
 will ripple back before anything too damaging happens.
  うまくいけば、このシフトがあまりにも有害なことを起こす前に
  波及するはずなんだな。
[ビーストコンボイ]
 THE POACHERS HAVE WANDERED INTO MY TRAP!
 WELL THAT'S...JUST...PRIME!
  密猟者たちが私の罠に迷い込んできたぞ!
  それは…ちょうど…プライムのような!
[チータス]
 Something like this?
  このような?
[ライノックス]
 Something almost EXACTLY like this, yeah.
 Let's try and go gentle on the old gorilla!
  ああ、ほぼ正確にこれなんだな。
  おいぼれゴリラに優しくしてやるんだな!

3章
Rhino Rivarly」
 サイの敵対

[ビーストコンボイ]
 That was...deeply unsettling.
  それは……とても不安だった。
[チータス]
 Right? Feels like putting your hard-drive in a rock tumbler.
  右に同じ。ハードドライブをロックタンブラーに入れたような感覚じゃん。
[ライノックス]
 We should reach normalization before too long...or.....
  早く正常化に到達するべきか....または.....
[ビーストコンボイ]
 Or what?
  または何だ?
[ライノックス]
 Well Wheeljack's formula...
 He's made an intra-universe connection into
 a maximally extended vacuum solution.
  そう、ホイルジャックの公式は...
  彼は、宇宙内の接続を最大限に拡張された空白のソリューションにしたんだな。
[チータス]
 Great, now Rhinox's vocabulary library
 is malfunctioning and spitting out random words.
  すげえ、今ライノックスの語彙ライブラリが誤動作して
  ランダムな単語を吐き出しているじゃん。
[ライノックス]
 He took the bridge and connected it to the playlist of timelines
 and multiverses but set to random.
  彼はブリッジを作動させ、
  タイムラインとマルチバースのプレイリストに接続したが、
  ランダムに設定したんだな。
[チータス]
 ....So close to understanding.
 I can feel it. He's trying to communicate.
  ……解明に一歩前進じゃん。
  俺はそれを感じることができるじゃん。
  彼はコミュニケーションを取ろうとしているんだ。
--------------
[ライノックス]
 We should close in on the Autobots.
 The closer we get to the manifestation of the anomaly
 the more I can extrapolate the timeline trajectories,
  サイバトロンに接近する必要があるんだな。
  アノマリーの発現に近づくほど、タイムラインの軌跡を推定できるんだな。
[チータス]
 Primal, you gotta tell him to stop.
 I need words here, I'm begging you.
  コンボイ、ライノックスに止めるように言わなければならないじゃん.
  ここで一言必要じゃん、お願いするじゃん。
[ビーストコンボイ]
 We need to find Cliffjumper if
 we want to stop experiencing alternate realities first hand.
  別の現実を直接体験するのをやめたいのであれば、
  クリフを見つける必要がある。
[チータス]
 GOTCHA!
 Well tracking and scouting sounds like a walk in the park for this kitty.
  わかったじゃん!
  追跡と偵察は、この子猫にとって公園を散歩するようなものじゃーん。
[ライノックス]
 And there is...the one...other...problem.
  そして、そこには...一つ...もう一つ...問題があるんだな。
[ビーストコンボイ]
 The problem on top of the collapsing sensation of reality?
  崩壊する現実感の上にある問題?
[ライノックス]
 I think it's my turn to go... FERAL!
  今度はぼくが行く番だと思うんだな... 変身!
[チータス]
 0000H yeah that's a big problem.
 Optimus, try to hold him back while I jump on finding Cliffjumper!
  わーお、いやー、それは大問題じゃん。
  コンボイ、俺がクリフを見つけて飛び跳ねている間、
  彼を押さえておいてほしいじゃん!

 
★総評:
 ビーストキャラが出るときの話はかなり巻き込まれ型かつシンプルな傾向にあるけど、
 今回も完全にその方向性に則った感じ。
 そして繰り返されるホイジャが原因のトラブル

「PURPLE REIGN」
 紫の君臨

 [告知メール]
 Commander,
 Scorponok and Waspinator are a great pair,
 but they know they need a leader.
 With the timelines and reality of New Quintessa shifting
 this may be their chance to do something no one ever thought was possible...
 To give up on getting their REAL Megatron here and paint Dinobot purple!

  司令官、
  スコルポスとワスピータは素晴らしいペアですが、
  彼らはリーダーが必要であることを知っています。
  ニュークインテッサのシフトのタイムラインと現実により、
  これは誰も不可能だと思っていた何かをするチャンスかもしれません...
  ここで彼らの本当のメガトロンを手に入れるのをあきらめて、
  ダイノボットを紫色に塗りましょう!

1部
「FORMALLY KNOWN AS DINOBOT」
 正式にはダイノボットとして知られている

1章
「LET'S GET CRAZY」
 気が狂ったように騒ごう

[スコルポス]
 Alright, the Car-Bots are distracted,
 the Maxi-smells are busy...now is our chance.
  いいぞ、車のトランスフォーマーたちは気が散っていて、
  マキシの匂いは忙しい感じだ...今がチャンスだ。
[ワスピータ]
 No Optimuzzz to worry about? Primal or Prime?
  心配だぶーん、こここコンボイはいないの? プライマルかプライムの?
[スコルポス]
 N'ah they're sleeping on this.
 Too busy ripping the timelines apart to worry about you or me.
  いや、奴らはここで寝てる。
  俺やお前を心配させるには、タイムラインをバラバラにするのに忙しすぎる。
[ワスピータ]
 O.G.O.P. izzz catching Zzzs?
  つつつ捕まる確率はぜぜぜ絶対にゼロなのかぶーん?
  (※OGOPは妊娠0、出産0という意味だが、
    実際は他にもいろいろスラングがあって意味は全くわからない。
    とりあえず「捕まる」とあったので「ゼロである」ことを強調してみた
   参考>https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1120891231
[スコルポス]
 I...what?
 Listen I can't have you shorting out on me.
 Do you understand the plan?
  俺は...何?
  聞けよ、俺はお前がショートしてるからって八つ当たりはできねえんだ。
  お前は計画を理解してるのか?
[ワスピータ]
 WAZZZPINATOR DOEZZZ!
 We will have what we need to ezzzcape this world.
 We will once again have a purple dino leader!
  わわわワスピータはやるんだぶーん!
  この世界からににに逃げるために必要なものがあるんだぶーん。
  紫の恐竜のリーダーの再来だぶーん!
[スコルポス]
 That's RIGHT...now grab that paint and let's get moving.
  そうだ...今、その絵の具をつかんで、動き始めよう。
--------------
[ワスピータ]
 Which Dino we go for firzzzt?
 Big dumb one, or back-turning traitor Dinobot
 who Wazzzpinator hatezzz...who izzz also dumb?
  ぼくちゃんたちがさささ最初に向かうディノはどれだぶーん?
  大きな馬鹿な人、またはわわわワスピータが嫌いな
  裏切り者ダイノボット...ばばばバカばっかりなのかぶーん?
[スコルポス]
 I figured that if the timelines are shifting
 maybe we can hopefully find and recruit a GOOD Dinobot.
  タイムラインがシフトしているなら、
  良いダイノボットを見つけて採用できると思ったんだがなあ。
[ワスピータ]
 Why would we want GOOD Dinobot?
 Good Dinobot izzz Maximal!
  どうして良いダイノボットが欲しいんだぶーん?
  良いダイノボットなんてまままマキシマルズじゃないかぶーん!
[スコルポス]
 No like, good for US. Bad for THEM.
 You know before he turned.
 Wait, do you think we're bad?
  いいや、俺たちにとって良いってことだ。 奴らにはに悪い。
  お前は奴が裏切る前のことを知っているはずだ。
  待てよ、お前は俺たちが悪いやつだと思ってるのか?
[ワスピータ]
 ... Maximalzzz have made it clear that we are the bad guyzzz. Duh.
  ... まままマキシマルズが、
  ぼくちゃんたちが悪者であると言ったんだぶーん。 えっと。
[スコルポス]
 I ain't bad! I'm just following what I was told to do!
  俺は悪くねえ! 俺はやれと言われたことに従っているだけだ!
[ワスピータ]
 Oh that VERY bad guy thing to yell!
 Good guyzzz never have to move blame for their actionzzz.
  うわあ、それはとても悪い人が言うことだぶーん!
  良いややややつは誰かのさささ指図のせいにする必要はないんだぶーん。
[スコルポス]
 I'll move something alright,
 I'll move that dumb look right off your face!
 Let's throw down!
  俺は何かを問題ないようにする、
  俺はお前のそのばかげた表情を変える!
  ぶっとばしてやる!

2章
「NOTHING COMPARES TO YOU」
 比肩するものはない

[ワスピータ]
 Trying to beat up only friend.
 Not a very good guy thing to do, Claw-Bot,
  友達だけを倒そうとするなんて。
  爪ボットはあまり良い人ではないみたいだぶーん。
[スコルポス]
 It was a uhh...test? Yeah!
 See you didn't scrap me when you had the chance so we MUST be good,
  うーん...テストだったのか? よし!
  チャンスがあったのに俺をスクラップしなかったから、
  俺たちはいいやつのはずだ。
[ワスピータ]
 ...Logic izzz undeniable!
 We are the good guyzzz and will get a purple dino leader!
  ...ろろろ論理的に否定できないぶーん!
  ぼくちんたちは良い男たちだし、
  紫色の恐竜のリーダーを手に入れるだぶーん!
[スコルポス]
 Exactly.
 Now if I was a time-slid confused predacon Raptor where would I be?
  そのとおり。
  さて、もし俺がタイムスライドで混乱したプレダコンラプターだったら、
  どこにいるだろうか?
[ワスピータ]
 OH WAZZZPINATOR KNOWS!
 You would be "in trouble".
  わわわワスピータは知ってるぞ!
  君は「困っている」んだぶーん。
[スコルポス]
 Hey, when we find Dinobot maybe leave the talking to me.
  おい、ダイノボットを見つけたら、話を俺に任せろよ。
[ワスピータ]
 Wazzzpinator can be very charming.
 You can have the opening line,
 but Wazzzpinator will seal the deal,
  わわわワスピータはとってもかわいいんだぶーん。
  君は話のきっかけを持つことができるけど、
  わわわワスピータは取引はしないんだぶーん。
[スコルポス]
 Okay how's this?
 "Hey Dinobot, is this the version of you that wants to scatter our circuits?
 Because if not, have we got a deal for YOU!"
  よし、これならどうだ?
  「やあダイノボット
   これは俺たちの回路をばらまきたいお前のバージョンか?
   そうでなければ、俺たちはお前のために取引をしよう!」
--------------
[ワスピータ]
 There he is...now we have to do this JUST RIGHT,
  あいつはそこにいるんだぶーん...
  今、ぼくちゃんたちはこれを正しくしなければならないんだぶーん。
[スコルポス]
 ALL HAIL DINOBOT! NEW MEGATRON!
 MEGABOT?I....DINOTRON?
  オールハイル、ダイノボット! 新しいメガトロン!
  メガボット?I .... ダイノトロン?
[ダイノボット]
 It finally happened.
 You have lost what little minds that the cosmos granted you.
  それはついに起こった。
  貴様は宇宙が貴様に与えたどんな小さな心も失ったんだ。
[スコルポス]
 Waspinator got a little excited.
 We were just wondering,
 what with reality and timelines shifting and all,
 what side are you on?
  ワスピータは少し興奮していた。
  俺たちはただ疑問に思っていた、
  現実とタイムライン、ありとあらゆるものがシフトしているとはどうだ、
  お前はどちらの側にいるんだ?
[ダイノボット]
 As always, I am on my own side.
 I have no interest in being a leader to you two...insects,
  いつものように、俺は自分の味方だ。
  俺はお前達2つのリーダーになることに興味はない...昆虫ども。
[ワスピータ]
 But we are LOYAL Predaconzzz!
 Who would not want Wazzzpinator and friend on their team?
 Stingerzzz for ALL!
  ででででも、ぼくちゃんたちは忠実なプレダコンズなんだぶーん!
  わわわワスピータとそのお友達を
  チームに入れたくない人なんているのかぶーん?
  ここここの針はすべてのために!
[ダイノボット]
 Loyal are you? Fine.
 Waspinator, destroy Scorponok.
 Your "leader" commands it.
  忠実だと? 結構。
  ワスピータ、スコルポスを破壊しろ。
  お前の「リーダー」が命じる。
[スコルポス]
 Wait! What? Whoah! Who!? WHY?
 Other W words!
  待て! 何? おっと! 誰!? どうして?
  その他Wワード!

3章
「WHEN BOTS CRY」
 トランスフォーマーが泣くとき

[ワスピータ]
 Ah! Mighty Dinobot izzz very good tactician.
 Now just needzzz proper color.
  おお! 強大なだだだダイノボット
  とっても優れた戦術家だぶーん。
  今ちょうど必要な適切な色があるぶーん。
[スコルポス]
 He's not wrong.
 If you want to be a dinosaur that's leading the Predacons,
 purple is what we're used to.
  奴は間違ってねえ。
  お前がプレダコンをリードする恐竜になりたいのなら、
  紫は私たちが見慣れた色だ。
[ダイノボット]
 I am doing everything in my power to not render
 your forms to an atomic level and distribute your wretched,
 remnants across this desert of a planet.
  俺は貴様の形を原子レベルにレンダリングせず、
  惑星のこの砂漠全体に貴様の惨めな残骸を撒かずに済むよう
  全力を尽くしている。
[スコルポス]
 Yeah that's pretty good monologuing.
 But it needs more "YESSSS" and "NOOO" shouting in it.
  ああ、それはかなり良い独り言だ。
  だが、もっと「イエエエス」や「ノオオオオ」と叫ぶ必要がある。
[ダイノボット]
 I AM NOT, AND SHALL NEVER BE, MEGATRON!
  俺はメガトロンではないし、決してそうなることはない!
[ワスピータ]
 ...not with that attitude.
 OH! Do you want a rubber ducky? Remember that?
 That wazzz a thing Megatron really had!
  ...なんか求めている態度と違うんだぶーん。
  あっ! ゴムのアヒルちゃんが欲しいのかぶーん? 覚えてる?
  それはメガトロンが本当に持っていたものなんだぶーん!
[スコルポス]
 Oh yeaaaah. That was great.
 See, it'll be just like old times.
 Now you may want to cover your mouth as I prep this paint.
  そうそう。いいぞ。
  ほら、昔のようになった。
  今、俺がこの絵の具を準備するとき、
  お前は口を覆いたいかもしれないな。
[ダイノボット]
 GET AWAY FROM ME YOU MANIACS!
  俺から離れろ、このキチガイめ!
--------------
[スコルポス]
 Would you rather we paint Grimlock?
 I bet you he'd be into it.
 Suppose we'll just HAVE to leave you alone and go do that.
  グリムロックをペイントするか?
  奴はそれに夢中になるに違いない。
  お前を放っておいて、それをやらなければならないとしよう。
[ダイノボット]
 Reverse psychology doesn't work
 when you're presenting the option I'd prefer,
 you micro-mind miscreants, Your idiocy is overwhelming.
  貴様が俺が好むオプションを提示しているとき、
  逆心理学は機能しない、貴様は悪党を矮小化する、
  貴様の愚かさは圧倒的だ。
[ワスピータ]
 Izzz it pozzzible thizzz whole plan wazzz .... Dumb?
  ここここの計画自体が……
  ばばばバカみたいなものだった可能性があるんじゃないかぶーん?
[スコルポス]
 Name one dumb thing about taking a back-stabbing
 former partner and declaring him our unquestioned leader
 if we can just repaint him.
  元のパートナーを刺し返し、奴を塗り替えることができるなら、
  奴を疑う余地のないリーダーと宣言することについて、
  愚かなことを1つ挙げてみろ。
[ワスピータ]
 No...you're right. Itzzz airtight.
 Izzz DINOBOT who is dumb and wrong,
  ううん...そそそそのとおりだぶーん。完璧ぶーん。
  愚かで間違っているのはだだだダイノボットだぶーん。
[ダイノボット]
 I can only assume that something deeply wrong
 in your core programming has broken
 you beyond all possible repair.
  俺は貴様のコアプログラミングの深刻な問題が
  貴様をすべての可能な修復範囲を超えて壊したと
  推測することができるだけだ。
[スコルポス]
 I think if you just spend enough time around us
 you'll come back around to our way of thinking.
 It is inevitable.
  俺たちの周りで十分な時間を過ごすだけで、
  俺たちの考え方に戻ってくるはずだ。 絶対。
[ダイノボット]
 I would sooner perish then spend one more nanocycle trapped
 in this inane conversation.
 It's time to end this, and you.
  俺はすぐに滅び、この狂った会話に閉じ込められた
  もう1つのナノサイクルを費やす。
  これを終わらせる時が来た、そして貴様も。

 
★総評:
特に意味のない話っぽい。
ただ、ビーストの実写が当たったら紫の枠にメガトロンを追加したい意向はあるっぽいかなって感じ。

「GORILLA IN THE MIST」
 霧の中のゴリラ

 [告知メール]
 Commanders,
 The multiverses are still open and Beast Bots
 are spilling in from all over.
 There are reports that a leader of
 these dangerous animals is deep within the latest Fog Of War
 and it's up to the Commander to see
 if they can capture the GORILLA IN THE MIST!
 Getting past the ambushes will have high Energy costs,
 but there will be plenty Class Spark Essence to earn.
 Watch out for the occasional tougher enemy,
 while they'll reward more Class Spark Essence,
 they're also highly dangerous.

  司令官、
  多元宇宙はまだ開いており、
  ビーストボットは世界中からこぼれています。
  これらの危険な動物のリーダーが
  最新の戦場の霧の奥深くにいるという報告があり、
  彼らが霧の中のゴリラを捕まえることができるかどうかを
  確認するのは司令官次第です!
  待ち伏せを乗り越えるにはエネルギーコストが高くなりますが、
  獲得できるクラススパークエッセンスはたくさんあります。
  時折よりタフな敵に気をつけてください。
  彼らはより多くのクラススパークエッセンスに報酬を与えますが、
  非常に危険でもあります。

1章
「SILVERBACK」
 シルバーバック
 (※成熟したオスゴリラは背中の毛が白くなり、銀色に見えることから)

[メリッサ・フェアボーン]
 Commander, there is reports of wild beasts somewhere in the fog.
 With all this multiverse madness
 I would advise you to stay on high alert.
 We can't be sure who's friend or foe out there...
 all I've been hearing is howls and growls.
 Best of luck.
  司令官、霧の中のどこかに野獣の報告があります。
  この多面的な狂気のすべてで、
  私はあなたに高い警戒を続けることを勧めます。
  誰が敵か味方かわからない...
  私が聞いているのは、遠吠えとうなり声だけです。
  幸運を祈ります。

--------------
[ビーストコンボイ]
 POACHER! YOU DARE FACE THE POWER OF PRIMAL AGAIN!?
 I MAY NOT KNOW WHERE I AM.
 OR WHO YOU ARE. OR WHAT IS GOING ON!
 BUT I KNOW THAT IF YOU ARE LOOKING FOR A FIGHT...
 THAT'S JUST PRIME!
  密猟者め! お前は再びあえてプライマルの力に直面するのか!?
  私は自分がどこにいるのかわからないようだ。
  それにお前は誰だ。 または何かが起こっているのか!
  しかし、私はお前が戦いを探しているならそれを知っている...
  それはまさにプライムだ!


★総評:
タイトルが完全に笑わせにきてる。内容はいつもどおりの感じ。