トランスフォーマー 鋼鉄の戦士たち(洋題:Forged to Fight)の私的メモです

気になるところがあれば、ゲーム内で「BaikinMan112」にご連絡ください

※ブログではコメントを受け付けていません

※ゲーム内であっても、次のような意見は受け付けません。・建設的でない ・独善的 ・極論 ・レアケース偏重思考

2022/04 ミニスペミ「BRANDING IRON」+「TURNED TO STEEL」翻訳

 ・よくわからない箇所はカッコ書きで注釈入れてます

「BRANDING IRON」
 焼印

 [告知メール]
 Commander,
 Natural Space Bridges continue to provide
 new Bots a path to New Quintessa.
 Autobot backup should be a cause for celebration,
 but it seems like some big egos (and bigger blasters) are
 clashing as IRONHIDE joins his compatriots.
 Will the Commander be able to turn down the heat on
 this feud or will they find themselves marked by a BRANDING IRON?

  司令官、
  天然のスペースブリッジは、新しいボットに
  新しいクインテッサへの道を提供し続けます。
  サイバトロンのバックアップはお祝いの理由になるはずですが、
  アイアンハイドが同胞に加わったため、いくつかの大きなエゴ
  (およびより大きなブラスター)が衝突しているようです。
  司令官はこの確執の熱を下げることができますか、
  それとも彼らは焼印でマークされていることに気付くでしょうか?

1部
「Make Your Mark」
 あなたのマークを作る

1章
「Heat」
 熱

[メリッサ・フェアボーン]
 Commander!
 There you are! While you were off monitoring Decepticon signals
 we've been having a bit of a SITUATION back at base.
  司令官!
  どうぞ! あなたがデストロン信号を監視していない間、
  私たちは基地に少し局面を戻してきました。
[アイアンハイド(MV)]
 I'm saying if we can't trust 'em we BLAST 'em.
 It's that simple.
  俺たちが信頼できないのなら、俺たちは彼らを爆破する。
  とても簡単だ。
[メリッサ・フェアボーン]
 Sorry about the cross chatter on coms,
 there has been a new addition to our ranks and it's uhh...
 well there's an adjustment period.
  コムでのクロスチャタリングについて申し訳ありません、
  ランクに新たに追加されました。うーん...調整期間があります。
[アイアンハイド]
 Every time I look at that mangled mess you call a face my circuits sizzle!
  その壊れてばらばらの顔を見ると、
  俺の回路が焼けるようだ!
  (※コレ意味がよくわからなかったので結構意訳)
[メリッサ・フェアボーン]
 GOOD NEWS: Another Ironhide has joined us!
 BAD NEWS: We're having trust issues.
  良いニュース:別のアイアンハイドが加わりました!
  悪いニュース:信頼の問題があります。
[アイアンハイド(MV)]
 There's only one Ironhide around here
 and he ain't as red as a Cybertron Candy Apple!
 What kinda' hot doggin' is that?
  このあたりにはアイアンハイドは一人だけで、
  彼はサイバトロンキャンディアップルほど赤くない!
  それはどんな種類の「ホットドッグ」だ?
[メリッサ・フェアボーン]
 Some big egos and bigger blasters clashing,
 I'm sure it'll all get sorted out peacefully...probably.
 I hope.
  いくつかの大きなエゴと大きなブラスターが衝突し、
  すべてが平和的に整理されると確信しています...おそらく。
  私は願います。
[アイアンハイド]
 I'm not sure who y'all are but ya' ain't the Autobots
 I know and that's more suspicious
 than a grinning Gigantion tiger-bot.
  誰が誰なのかはわからないが、
  俺が知っているサイバトロンじゃない。
  ニヤリと笑う巨大な虎のボットよりも疑わしい。
--------------
[コンボイ]
 Ironhide and Ironhide, we have enough enemies
 to worry about without the two of you butting heads.
  アイアンハイドとアイアンハイド、
  2人が頭を突っ込まなくとも心配するのに十分な敵がいる。
[アイアンハイド(MV)]
 He started it by showing up and stealin' names
 and being a big loud jerk.
  彼はそれを見せて名前を盗み、
  大きな騒々しいでくの坊になることから始めた。
[アイアンハイド]
 I ain't start nothing
 I don't mean to finish you walkin' talkin' Junkpile.
  俺は何も始めちゃいない、
  俺はお前がスクラップの山を歩き回る前にケリをつけてやる。
[コンボイ]
 Commander, perhaps you could weigh in on this?
 You have a way of uniting Bots to an unlikely team.
  司令官、おそらくあなたはこれを検討することができるのでは?
  あなたは、チームにトランスフォーマーを結びつける方法を知っている。
[アイアンハイド]
 You call that human standing there staring at us
 all silent and slack-jawed "COMMANDER"?
 Come on now, that's silly as an Antillian Hyper-Goose.
  あなたはそこに立っている、私たち全員を見つめている、
  静かでたるんだ顎の人間を「司令官」と呼んでいるのですか?
  さて、それはアンティリアンハイパーグースとしてはばかげています。
  (※アンティリアンハイパーグースが何なのか全くわからない…)
[コンボイ]
 I would have you know that the Commander is
 the most skilled battle tactician I have ever had the honor to fight beside.
  司令官は、私がこれまで横で戦うことを光栄に思っていた中で
  最も熟練した戦闘戦術家であることを知ってもらいたいと思う。
[アイアンハイド]
 I'll believe that when my optics record it.
  私の目で見た時に、私はそれを信じますよ。
[コンボイ]
 Very well, a demonstration is in order.
 Commander do try to take it easy on me,
 I mean you no harm but we have a point to prove.
  よろしい、デモンストレーションが整った。
  司令官は私を楽にしてくれる。
  つまり、害はないが、証明する必要がある。

2章
「Stamp」
 スタンプ

[コンボイ]
 Impressive as always, Commander,
 Ironhide I trust that has provided
 some credibility to the Commander's talents?
  いつものように印象的だ、司令官、
  アイアンハイド、
司令官の才能に一定のの信頼を
  感じただろうと私は信じるが?
[アイアンハイド]
 They can dodge, duck, dip, dive and dodge alright but
 that don't mean I trust 'em farther than I can toss 'em.
 Though I'd love to see how far that is.
  彼らはかわす、しゃがむ、浸す、飛び込む、
  そしてかわすことができますが、
  それは私がそれらをトスすることができるよりも
  はるかにそれらが信頼できるという意味ではありません。
  それがどれだけ及ばぬものか見てみたいのですが。
[アイアンハイド(MV)]
 For once I'm agreeing with myself here,
 Commander gets a bit too friendly with our foes if you know what I mean.
  はっきり言わせてもらうと、
  俺が何を言いたいか分かるだろうが、
  司令官は俺たちの敵と少し友好的になりすぎている。
[コンボイ]
 Ironhides! ENOUGH!
  もうたくさんだ!アイアンハイド!
[アイアンハイド]
 But PRIME-
  しかし、コンボイ司令官…
[コンボイ]
 Listen Ironhide, from our reports the Decepticons are going through
 this same in-fighting and they are hardly a model for us to follow.
  聞け、アイアンハイド。
  私たちのレポートから、デストロンはこれと同じ戦いを経験しており、
  私たちが従うべきモデルではない。
  (※このゲーム内でMVとG1のメガトロン同士は仲が悪いみたいな意味かな?)
[ランボル]
 If I can toss in my two credits worth of thinking here?
  ここで考える価値のある2つのクレジットを投げることができれば?
[コンボイ]
 This is not the place for a formal team meeting,
 we shall keep moving and regroup to perhaps have a calm discussion.
  これは正式なチームミーティングの場所ではない。
  私たちは移動し、穏やかな議論をするために再編成しよう。
--------------
[ランボル]
 Way I figure it there's a bit of a battle here
 for best and buffest Bot on the team?
  チームで最高で最高のボットをめぐって、
  ここで少しの戦いがあると俺は思うが?
[コンボイ]
 That is not what I was trying to instigate...
  それは私が扇動しようとしていたことではない...
[アイアンハイド]
 No no, let's hear Swiper out.
 Maybe if we get our power-levels in a line
 we can move on from all of this.
  いやいや、おしゃべりさんの声を聞いてみましょうよ。
  おそらく、パワーレベルを一列に並べれば、
  これらすべてが先に進むでしょう。
[ランボル]
 Exactly, we just need evidence of who's
 the best Autobot on the planet...
 and since it's me we can sort out who's second and so on.
  正確には、地球上で誰が最高のサイバトロンであるかを
  示す証拠が必要だ...
  そしてそれは俺なので、誰が2番目かなどを分類できる。
[アイアンハイド(MV)]
 Whoah now, that's some big talk from a little bitty bot.
 I've loaded stuff in my blaster bigger than you.
  なんと、小さなボットにしては大きな話だ。
  俺はお前よりも大きいものを俺のブラスターにリロードしたぞ。
[ランボル]
 Ain't about the size of the Bot in the fight,
 it's the size of the fight in the Bot.
  戦うボットのサイズではなく、
  ボットの戦いのサイズさ。
[アイアンハイド]
 Hah! Kid has a chip on his shoulder
 the size of the shattered moons of Chaar.
 Now which one of us gets to serve a knuckle sandwich
 to prove this point?
  ははっ! 彼の肩にはチャールの月の粉々になった欠片がかかっている。
  さて、これを証明するためにナックルサンドイッチを提供するのは誰かな?
  (※チャール:サイバトロンから追い出された後、デストロンが定住した惑星
    トランスフォーマー2010にちょっと登場。
    参考>
https://tfwiki.net/wiki/Chaar
[ランボル]
 Seems like the Commander is the ruler we measure against,
 so if it's no bother I'll just be -
 RUSHING IN AT YOU WITH AN ATTACK!
  司令官は俺たちが測定するべき支配者であるようだ、
  それが気にならないのであれば、
  俺はただ- お前に突っ込んで攻撃する!
  (※このあたりは意味がよくわからんのでかなり適当)

3章
「Sizzle」
 炎熱

[コンボイ]
 The Commander is not a training tool, they are a trusted ally.
 Just as I am to you Ironhide, and Sideswipe, and also Ironhide.
  司令官は訓練ツールではなく、信頼できる味方だ。
  ちょうど私と同じように。
  アイアンハイド、ランボル、そしてアイアンハイド。
[ランボル]
 Yeah and they know how to pack a punch, 
 not big on holding back are ya' Commander?
  ええ、彼らはパンチを詰める方法を知っています、
  司令官は控えめにいって大したことはありませんか?
[アイアンハイド(MV)]
 Just because the lot of you are beaten and givin' up
 ain't mean we settled the matter at hand.
  多くの者が殴打されてギブアップしたからといって、
  俺たちの手元の問題が解決したわけではない。
[コンボイ]
 You are being uncharacteristically thin-skinned, Ironhide.
  君は繊細だな、アイアンハイド。
[アイアンハイド(MV)]
 Maybe you're used to doubles and triples of you popping up,
 but YES I'm a little touchy about this other universe "me" showing up.
  おそらく、あなたはあなたが二人、三人と現れることに
  慣れているかもしれませんが、
  そう、俺はこの他の宇宙に「自分」が現れることに少し敏感です。
[アイアンハイド]
 I ain't thrilled to see I was replaced by a hardware store
 worth of moving pieces either,
 lucky I stumbled through that space bridge to start sorting this mess.
  俺は、金物店にとって価値のある、動き回るパーツに
  取って代わられたのを見て怒っているわけじゃありません。
  幸運なことに、俺はそのスペースブリッジを偶然見つけて、
  この混乱を分類し始めました。
[アイアンハイド(MV)]
 You ain't sortin' scrap.
 I've been bustin' Decepti-chops and untanglin' tragedies
 around here since before you were even online,
  お前はスクラップを分類していない。
  お前がオンラインになる前から、俺はこの辺りで
  デセプティチョップともつれの悲劇をつぶしてきた。
[アイアンハイド]
 All this getting to know "myself" is showing
 why Decepticons are so eager to blast me.
 I can really grind someone's gears.
  「自分自身」が知っているすべてのことは、
  デストロンが私を爆破することに熱心である理由を示しています。
  私は本当に誰かのギアをすりつぶすことができます。
--------------
[アイアンハイド(MV)]
 Here's the plan: I clean the Commander's clock,
 we sort out that I'm in charge of battle decisions, we can all move on
  計画は次のとおりだ。司令官の時計を掃除し、
  戦闘の決定を担当していることを確認する。
  全員が先に進むことができる。
[コンボイ]
 This is a terrible plan and does not give confidence
 in the possibility of further tactical decision making.
  これはひどい計画であり、さらなる戦術的意思決定の
  可能性に自信を与えるものではない。
[アイアンハイド]
 Optimus is right,
 I'm fighting the Commander and I'M gonna' be
 in charge of tactical what-nots and the like.
  コンボイ司令官は正しい、俺は司令官と戦った、
  そして俺は戦術的な面を担当するつもりだ。
[コンボイ]
 Not at all what I was saying,
 if you both would only listen for a moment -
  私が言っていたことではまったくない、
  もし君たちが両方ともほんの一瞬だけ話を聞くなら-
[アイアンハイド]
 It's like Optimus always says,
 "Sometimes you get the Menonian Rust-Bear
 and sometimes the Menonian Rust-Bear gets you".
  コンボイ司令官がいつもおっしゃっていた、
  「メノニアンラストベアを手に入れることもあれば、
   メノニアンラストベアを手に入れることもある」。
  (※だからメノニアンラストベアってなんだよっ)
[コンボイ]
 Not once have I said anything approaching that sentiment,
 now if you both will -
  私は一度もその感情に近づいていることを言ってはいない、
  今君たちが両方ともそうするなら-
[アイアンハイド]
 It's the GENERAL IDEA of what you say.
 Now are we gonna sit here sparking our speakers
 or are we gonna' settle this business?
  それはあなたが言うことの一般的なアイデアです。
  今、私たちはここに座ってスピーカーをスパークさせるつもりですか、
  それともこのビジネスを解決するつもりですか?
[アイアンハイド(MV)]
 First logical thing you've processed all day little Red.
 Commander, draw a line. I'm fixing to cross it and prove a point to myself.
  お前が一日中処理した最初の論理的なことは小さな赤だ。
  司令官、線を引く。
  俺はそれを越えて自分自身のポイントを証明するために修正する。

 
★総評:
やっぱサイバトロン語は難しいなあ…
言い回しが意味不明すぎて全然訳が適当だ

 

「TURNED TO STEEL」
 鋼になった

 [告知メール]
 Commander,
 The Decepticons are in disarray, disagreement,
 and on a disastrous path, The Autobots look to use
 this to their advantage but is their team truly together?
 New arrivals add fire-power but their lack of preparation
 may be their downfall!
 Will Ironhide and Bumblebee have each other's backs,
 or will their Sparks be TURNED TO STEEL?

  司令官、
  デストロンは混乱し、意見の相違があり、悲惨な道を進んでいます。
  サイバトロンはこれを有利に利用しようとしていますが、
  チームは本当に一丸ですか?
  新しい戦士は火力を増強しますが、準備不足が彼らの失敗かもしれません!
  アイアンハイドとバンブルはお互いを守り合う関係になりますか、
  それとも彼らのスパークは鋼に変わりますか?

1部
「Will He Fall」
 彼は落ちるのだろうか

1章
「Spread Fear」
 恐怖を広める

[コンボイ]
 I trust we can settle these feuds?
 Ironhide new and old this won't be the only time
 you encounter doubles, it will be easier if you accept that.
  私たちはこれらの確執を解決できると信じているか?
  新旧のアイアンハイドは、ダブルスに遭遇するのはこれだけではない。
  それを受け入れれば、より話が簡単だ。
[アイアンハイド(MV)]
 Fine, I ain't gotta get along with myself but I suppose I can ease up a little.
 That candy-coated shine on him ain't half-bad.
  いいだろう、俺は自分自身と仲良くしなければならないが、
  少し楽になることができる。。
  そのキャンディーでコーティングされた彼の輝きは、多少は悪くない。
[アイアンハイド]
 I do have to admire that there is
 an impressive armory this big guy is carrying around.
 Suppose we can stop fussin' for now.
  この大男が持ち歩いている印象的な武器があることを
  俺は賞賛しなければならない。
  今のところ、fussin'は停止できると思う。
  (※fussin'はコメディ映画のタイトルらしいので、
    まあ馬鹿にせずに済むかもしれないくらいの意味かな)
[バンブル]
 Autobot Scout passcode 091784 reporting in!
 Decepticons are fighting with themselves!
 Now is the ideal time to strike!
  サイバトロンスカウトのパスコード091784が報告しています!
  デストロンは自分たちと戦ってる!
  今が攻撃のチャンスだよ!
[アイアンハイド]
 I do appreciate the secure channel check in.
 Well what are we waiting for?
 As a wise fella once said "There's no wrong time to rock"!
  安全なチャネルのチェックインに感謝する。
  さて、俺たちは何を待っている?
  賢明な仲間がかつて「ロックするのに間違った時間はない」
  と言ったように!
[バンブル]
 Uh-huh...was that a poet that you're quoting there?
  えーっと...引用しているのは詩かなにかかい?
[アイアンハイド]
 Dunno, couldn't see him I just heard him, and he's right on the money!
 Best time to kick Decepticons in the can is any time you can!
  さあな、彼を見ることができなかった俺はちょうど彼を聞いた、
  そして彼はお金に正直だ!
  缶の中のデストロンを蹴るのに最適な時期は、できる限りいつでもだ!
[コンボイ]
 Agreed. But just a limited team to confirm this intel
 Commander, Ironhide, Bumblebee, ROLL OUT!
  わかった。 だが、この情報を確認するための少人数チームにしよう。
  司令官、アイアンハイド、バンブルビー、出動!
--------------
[バンブル]
 So we go in quiet, start picking off the weak Decepticons,
 see if we can't thin out their numbers.
  それで、おいらたちは静かに行って、弱いデストロンを選んで、
  何体か間引けないか確認するのさ。
[サウンドウェーブ]
 Faulty logic, there are no weak Decepticons.
 Our numbers will not be reduced.
 Our numbers are immutable.
  論理に欠陥あり、弱いデストロンはいない。
  我々の数は減らない。
  我々の数は不変だ。
[アイアンハイド]
 Word around the camp-fire is that
 the Decepticons can't hold themselves together,
 more fighting than a bag full of cyber-cats and digi-dogs.
  キャンプファイヤーの周りの言葉は、
  デストロンは自分自身をまとめることができず、
  サイバー猫やデジ犬でいっぱいのバッグよりも戦っているということだ。
[サウンドウェーブ]
 Incorrect.
 I carry many cybertronian animals that exist in flawless harmony. 
 his, and all other intel you possess, is faulty. 
 Decepticon bonds remain strong.
  正しくない。
  私は完璧な調和で存在する多くのサイバートロニアンアニマルを運ぶ。
  奴とお前が持っている他のすべての情報は欠陥がある。
  デストロンの結束は強いままだ。
[バンブル]
 If the broadcasting king of misinformation here says
 the bonds are strong that means they are REALLY in trouble!
  ここで誤った情報の放送王が、絆が強いと言ったなら、
  それはやつらが本当に困っていることを意味する!
[サウンドウェーブ]
 You insist on flipping the factual polarity of my statements.
 Very well, clarification: "the Decepticon bonds are weak.
 Glass like. Cracked and fractured".
  お前は私の発言の事実上の極性を裏返すことを主張する。
  いいだろう、明確化:「デストロンの結合は弱い。ガラスのようだ。
  ひびが入って壊れている」。
[バンブル]
 HAH! SEE! HE ADMITS IT!
  ははっ! 見なよ! やつもそれを認めたよ!
[サウンドウェーブ]
 Negative. It was because you said that...because...
 you keep reversing... This conversation has no purpose.
 Initiating combat.
  ネガティブ。それはお前が言ったからだ...なぜなら...
  お前は逆転し続ける...この会話には目的がない。
  戦闘を開始する。

2章
「From The Grave」
 墓から

[バンブル]
 Seems good so far.
 Last I heard the Seekers are already attacking team-mates,
 and I know the Predacons are all bit-brains.
  いまのところ良さそうだよ。
  最後に、ジェットロンがすでに仲間を攻撃していると聞いた。
  そして、プレダコンはみんな脳足りんだとわかってる。
[アイアンハイド]
 What's a Predacon?
  プレダコンとは何だ?
  (※ここで指している「プレダコン」は
    ビーストウォーズデストロンチームを指す。
    2010の「アニマトロン」も同じ「プレダコン」だけど今回は別)
[バンブル]
 Oh wow! Right!
 You are so fresh to this place
 I just forget everyone doesn't know everyone.
 Evil beasties, animal versions of Decepticons.
  ああそっか! そうだ!
  アイアンハイドはまだ新入りだった、
  おいらはみんながお互いを知っているわけじゃないことを忘れてた。
  邪悪な獣、デストロンの動物バージョンさ。
[アイアンハイド]
 Why would you change into something based out of flesh and bone?
 That's just asking for trouble.
 No offense meant Commander.
  なぜ肉と骨に基づいたものに変わるんだ?
  それはただ問題を求めているだけだ。
  それと司令官は攻撃の指示はしていない。
[バンブル]
 The Commander isn't offended by much,
 or if they are they never say so.
  司令官はそれほど怒ったりはしないさ。
  そうだとしても、彼らは決してそうは言わないよ。
[スコルポス]
 What's a big red fin-face and
 little yellow horn-head doing on my turf?
  大きな赤いヒレ頭と小さな黄色いツノ頭が
  俺様の芝生で何をしているんだ?
[アイアンハイド]
 Oh! Okay that's a Predacon, right?
 You shoulda just said they're the ugly bug-guys
 and I coulda pieced it together from that.
  おお! さて、お前さんはプレダコンだな?
  バンブルは彼らが醜いバグだと言ったはずだ、
  情報をつなぎ合わせるとそうなる。
[スコルポス]
 Hey, we just met and we're picking on looks?
 I didn't make fun of you. Right?
 Wait, maybe I did. Well you obviously deserved it!
  おい、俺たちは会ったばかりで、俺たちのルックスで選んだか?
  俺はてめえをからかってはいなかった。そうだろう?
  待て、多分俺はやった。 さて、お前は明らかにそれに値した!
  (※このあたり意味不明すぎてわからん、
    からかわれたことに後から気づいたみたいな感じ?)
--------------
[アイアンハイド]
 Say. I remember you now.
 But weren't you 20 feet tall and all purple and green?
  言え。 俺はお前を覚えている。
  だが、お前は身長20フィートで、紫と緑じゃなかったか?
[スコルポス]
 That's not ME that was SCORPONOK.
  それはメガザラックであって俺じゃねえ。
  (※ヘッドマスターシリーズの大ボスの「メガザラック」は、
    アルファベットでのつづりはスコルポスと同じ。
    読み方としてはどちらも「スコーポノク」になる)
[アイアンハイド]
 And you are?
  じゃあお前は?
[スコルポス]
 I'm SCORPONOK but I'm not "Scorponok".
 Scorponok is a very common and normal name.
  俺様はスコルポスだが、「メガザラック」じゃねえ。
  メガザラックはとても一般的で普通の名前だ。
[アイアンハイド]
 Fella you seem to be mighty confused,
 maybe you're not even on the right team.
 You fancy flipping your signal to an Autobot Crest?
  なるほどお前さんはとても混乱しているようだ、
  おそらく正しいチームにさえいない。
  信号をサイバトロンクレストに反転させたくはないか?
[バンブル]
 You're choosing words over weapons and it's for THIS GUY?
  君は武器よりも言葉を選んでる、
  そしてそれはこの男のためなのかい?
[スコルポス]
 The only way I'd step a single foot in your base
 would be on my way to burn it to the ground!
 To corrupt the core programming!
 TO RIP IT TO SHREDS!
  俺様がてめえの基地に片足を踏み入れる唯一の方法は、
  それを燃やして堕とすことだ!
  コアプログラミングを破壊するために!
  それを細かく裂くために!
[アイアンハイド]
 Can't say I ain't tried diplomacy the once.
 Being honest this was the outcome I hoped for,
 as I had already warmed up my blasters!
  俺は一度交渉を試みたことがないわけじゃない。
  正直なところ、これは俺が望んでいた結果だ。
  俺はすでにブラスターをウォームアップしていたからな。

3章
「Once Saved」
 保存したら

[アイアンハイド]
 Glad you're around to help Bumblebee,
 don't tell the others but you're my favorite deputy.
 AH! Cog-dang-it!
 That Scorpion really put a sting in my step.
  助けてくれてありがとよ、バンブル。
  他の奴には言わないでくれよ。お前さんは俺のお気に入りの副官だ。
  ああ! ちくしょうめ!
  あのサソリ野郎、俺の足元に刺し傷をつけやがった。
[バンブル]
 Sometimes you talk with so many analogies
 that I can't keep my head on straight.
 Is a sting good or bad in this case?
  時々君は比喩表現を使いすぎるよ。
  おいらの頭がくらくらしちゃう。
  この場合、刺し傷は良いの?悪いの?
[アイアンハイド]
 Can't rightly tell, operating systems feel cloudy.
 Lots of noise and chatter in my head.
 Not got a lot of giddyup in my pickups.
  正しくは言えないが、オペレーティングシステムが曇っている。
  頭の中にたくさんのノイズとチャタリングがある。
  俺のピックアップで多くのハイヨーを取得していない。
[バンブル]
 Oh yeah, Scorponok's Cyberbee carries
 some nasty programming with it.
 Don't worry the firewall that Ratchet figured out will take care of it.
  そうそう、スコルポスのサイバービーには
  厄介なプログラミングが含まれているんだ。
  ラチェットが開発したファイアウォール
  それを処理するから心配しないで。
[アイアンハイド]
 Ratchet is here?
 How is that ol' bag of - bolts - I didn't - GAAAH.
 YOU CAN'T HEAR THAT BUZZING?
  ラチェットがここにいるのか?
  あの古いバッグはどうだ-ボルトは-俺はしなかった-うおおお!
  お前はこのやかましい音が聞こえないのか?
[バンブル]
 You didn't see our medic on arrival?
 Oh bud, yeah we have a bunch of anti-virus software
 we run through...we gotta work on onboarding.
  到着時においらたちの薬を見なかったのかい?
  ああ、ええっと、おいらたちが実行している
  アンチウイルスソフトウェアがたくさんあるんだ...
  おいらたちは新人研修をしなきゃならない。
[アイアンハイド]
 SYSTEMS FAILING! CAN'T SHAKE IT!
 CAN'T RATTLE IT! THERE'S A SNAKE IN MY REBOOT!
  システム障害! それを振ることはできない!
  戦うことはできない! 俺のリブートにヘビがいる!
[バンブル]
 Okay so note to self, start running diagnostics on new arrivals,
 in the meantime RUN FOR IT COMMANDER!
  オーケー、忘れないようにしよう。
  新しく到着したときに診断の実行を開始して、
  その間に司令官、逃げよう!
--------------
[アイアンハイド]
 You and that COMMANDER just led me into a trap didn't ya?
  お前とその司令官は俺を罠に導いたんじゃないか?
[バンブル]
 Listen, the Cyberbee is making you all mixed up and aggressive.
 Same thing happened to Optimus Primal when he first showed up.
  聞いて、サイバービーは君を混乱させて攻撃的にしているんだ。
  ビーストコンボイが最初に現れたとき、同じことが起こったよ。
[アイアンハイド]
 You're such a scrap-awful spy you can't keep names straight!
  It's PRIME not PRIMAL you thick-headed lubricant-leaker!
  貴様は、名前を正しく呼ぶことのできないスクラップのひどいスパイだ!
  プライマルではなくプライムだ、面の皮の厚いオイル漏れ頭め!
[バンブル]
 You just haven't met Optimus Primal yet.
 he's the Gorilla Prime. Commander and all of us are a team.
  ビーストコンボイにまだ会っていないんだ。
  彼はゴリラプライムだ。 司令官とおいらたち全員の仲間さ。
[アイアンハイド]
 You ever see who's the Commander's gang?
 Decepticons! Titans! Menaces!
 I have been here for half a micro-cycle and I see right through 'em!
  司令官の悪友が誰なのか見たことがあるか?
  デストロン! タイタンども! 脅威!
  俺はここに半マイクロサイクルいて、それらを見た!
[バンブル]
 You aren't thinking straight.
 We'll shut you down. We'll sort ya' out.
 Let's head back to base because you're not yourself.
  君は正直に考えていない。
  シャットダウンするよ。 整理する。
  君は君自身じゃなくなってる、基地に戻ろう。
[アイアンハイド]
 Not myself? I already met NOT MYSELF.
 I see doubles everywhere scrapping and shooting.
 I know who I am, you rusty spawn of a scrapheap!
 I...AM...IRONHIDE!
  俺じゃない? 俺はすでに自分自身に会った。
  スクラップや射撃の至る所でダブルスが見られる。
  俺は俺が誰であるか知ってる、
  お前はスクラップの山から生まれたサビだ!
  俺は…アイアンハイドだ!

 
★総評:
味方と突然戦わないといけない状況に
スコルポスの能力が気軽に使われすぎている問題。またか!
コンボイが出ると大したことないストーリーでも締まる気がするので
(本人はゆるゆるなのに不思議なものだけど)、正直毎回出てほしい。