トランスフォーマー 鋼鉄の戦士たち(洋題:Forged to Fight)の私的メモです

気になるところがあれば、ゲーム内で「BaikinMan112」にご連絡ください

※ブログではコメントを受け付けていません

※ゲーム内であっても、次のような意見は受け付けません。・建設的でない ・独善的 ・極論 ・レアケース偏重思考

2020/11 ミニスペミ「SHOCK TO THE SPARK」+「 LOGICAL FALLACY」翻訳

 ・よくわからない箇所はカッコ書きで注釈入れてます
 ・未翻訳の箇所があります。逐次追加していきます。

「SHOCK TO THE SPARK」
 ショック・トゥ・ザ・スパーク
 (※タイトルは皆さんご存知の、Back to the Futureから)

 [告知メール]
 Commander,
 Time-Slides continue to throw our team across infinite possiblities and realities.
 In this Time-Slide, something has wiped the minds of every bot on the planet.
 Restore the minds of friends and foe all the while tracking down
 the true culprit in this new Time-Slide! 
 - 司令官、
 - タイムスライドは、私たちのチームを無限の可能性と現実に投じ続けています。
 - このタイムスライドでは、地球上のすべてのボットの心を何かが一掃しました。
 - この新しいタイムスライドで真の犯人を追跡しながら、友人と敵の心を取り戻してください!

1部
「Power Cycle」
 パワーサイクル

1章
「Off and on」
 オフとオン

[メリッサ・フェアボーン]
 Commander,
 troubling news...not that I share much of any other sort of news these days.
 I can't access any information on this timeline, their Teletraan is inactive.
 The usual transmission lines are silent.
 Something must have done a pretty good job of wiping the systems clean.
 - 司令官、厄介なニュース...最近、共有すべき他の種類のニュースがありません。
 - このタイムラインの情報にアクセスできません。彼らのテレトランは非アクティブです。
 - 通常の伝送線路は静まり返っています。
 - 何者かがシステムを一掃するというかなり良い仕事をしたに違いありません。
[プロール]
 Halt who goes there?
 Where do you come from? What's going on?
 - そこの立ち止まっているあなた?
 - あなたの出身はどこですか? どうしましたか?
[メリッサ・フェアボーン]
 Looks like we're under interrogation.
 I'm Marissa, this is the Commander and his loyal troops.
 You feeling okay. Prowl?
 - 尋問中のようです。
 - 私はメリッサです、こちらは司令官と彼の忠実な軍隊です。
 - あなたは大丈夫だと信じています。 プロール?
[プロール]
 Prowl? Who's on the prowl?
 You got some beasts there with you?
 - さまよい? 誰がさまよっているんです?
 (※プロールの英訳はさまよい、うろつき等)
 - あなたは何匹か獣をつかまえたんですか?
[メリッサ・フェアボーン]
 Ohhhh, this is worse than we expected.
 - なんてこと、これは私たちが予想していたよりも悪い状況です。
--------------
[プロール]
 All I know is that I woke up face-to-face with a team of mismatched marauders
 and a burning need to lay out some justice.
 - 私が知っているのは、ちぐはぐな略奪者のチームと顔を合わせて目を覚ましたことと、
 - 正義を示す必要があることだけです。
[メリッサ・フェアボーン]
 That must have been a shock, we're sorry about that.
 We promise we come in peace.
 - それはショックだったに違いないわ、ごめんなさい。
 - 私たちは平和を守ることを誓います。
[プロール]
 I don't get shocked, I'm plenty grounded.
 Way I see it, you must have done something to me and now you're trying to play all nice.
 - 私はショックを受けません、私は十分にアースされています。
 - 私の見方では、あなたは私に何かをしたに違いありません、
 - そして今あなたは素晴らしいことをしようとしています。
[メリッサ・フェアボーン]
 That's hard to disprove.
 But, you're the one with no memory,
 maybe you could trust the only folks who know what their names are.
 - それに反論するのは難しいです。
 - ただ、あなたは記憶を失っている。
 - あなたの名前が何であるかを知っているかもしれない唯一の人々を信じるチャンスです。
[プロール]
 Never much trusted my memory banks,
 if I had it my way I'd just write the important facts on my chassis
 and solve mysteries with my hunches.
 - メモリバンクをあまり信頼していません。
 - 私のやり方は、ただシャシーに重要な事実を書いて、
 - そして勘で謎を解きます。
[メリッサ・フェアボーン]
 Well that's a memento of how Prowl's processing works.
 But we don't have time for this.
 Commander, keep moving.
 - これは、プロールの処理がどのように機能するかを示す記念碑です。
 - しかし、これを行っている時間はありません。
 - 司令官、行きましょう。
[プロール]
 Only way you're taking another step is by stepping over my slagged body.
 - あなたが次の一歩を踏み出す唯一の方法は、私のだらしない体をまたぐことです。
[メリッサ・フェアボーン]
 ...well you heard the brain-blanked bully.
 We have one whole option here, let's fight our way through.
 - ...いいでしょう、あなたは頭がからっぽのいじめっ子の声を聞いた。
 - .ここには選択肢が一つあります。それでは、戦いましょう。

2章
「Unexpected Reboot」
 予期しない再起動

[プロール]
 Ugh...those fight moves I AM starting to remember, Marissa.
 That's you right?
 - うむむ...この戦いは私が忘れられない動きです、メリッサ。
 - そうなのですか?
[メリッサ・フェアボーン]
 The one and only!
 Well actually thanks to timeline jumps, the infinite and unending,
 but that may be a bit much to unpack right now.
 - まさにこれです!
 (※The one and only は「唯一無二の」など。意訳)

 - 実はタイムラインジャンプはおかげさまで、無限で終わりがないものです、
 - 今すぐ脱出するのは少し大変かもしれません。
[プロール]
 You gotta stop talking so much nonsense so fast,
 I'm just barely coming back to basic functions here.
 - そんなナンセンスな話を口早に言うのはやめてください、
 - 私の基本的な機能がかろうじて戻ってきているところなんですよ。
[メリッサ・フェアボーン]
 It seems as though startup functions of Bots include a replacement of recently archived information.
 This is good to know.
 - ボットのスタートアップ機能には、最近アーカイブされた情報の置き換えが含まれているようです。
 - これは知っておくとよいでしょう。
[プロール]
 Yeah, great. Just knock the headlights out on anyone confused and helpless.
 Seems like a fantastic plan.
 - いやあまったく素晴らしい。 混乱して無力な者のヘッドライトをぶん殴るだけなんて。
 - 素晴らしい計画だなぁ…。
[メリッサ・フェアボーン]
 Our plan is to follow the signal.
 When you rebooted the viral transmission sent a ping back to what might be the origin.
 We should follow it.
 - 私たちの計画は、信号を追うことです。
 - 再起動すると、ウイルスの発信元と思われるものに信号が返されました。
 - 私たちはそれを追うべきです。
[プロール]
 YOU can follow it.
 I'm going to just sit down and try to defrag my fragged up harddrive.
 - あなたはそれを追うことができます。
 - 私はただ座って、壊れたハードドライブをデフラグしてみます。
[メリッサ・フェアボーン]
 Sounds like that's for the best.
 Commander, we follow the signal.
 Prowl, maybe treat yourself to an Energon Goodie.
 - それが最善のようですね。
 - 司令官、私たちはシグナルを追います。
 - プロール、おそらくエネルゴングッディに身を任せるのがいいでしょう。
 (※Energon Goodie:エネルゴン製のおかしみたいなもの。前にも一度出てきたはず。
  参考>https://tfwiki.net/wiki/Energon_goodie
 (※メリッサさん上手く行って調子に乗ると面白いっすね…
   本編でも割とそういうとこあったけど)
--------------
[メリッサ・フェアボーン]
 This looks like scraps of The Ark...
 but this isn't the source of the wipe, just the target.
 Luckily I can start to trace the signal that was sent here.
 - これはアークのスクラップのように見えます...
 (※アーク:初代TFでコンボイ達が枯渇したエネルギーを求めて宇宙探索に出るときに使った船
  初代アニメではあまりの決断の速さに視聴者は皆困惑した)
 - しかし、これはワイプのソースではなく、ターゲットにすぎません。
 - 幸い、ここから送信された信号の追跡を開始できます。
[コンボイ]
 I do not know who you strangers are,
 but I know I have an overwhelming urge to protect this place.
 Your physical forms are different than any others scanned.
 Smaller, weaker, you could not survive here alone.
 Are you parasites?
 - 見知らぬ者よ、君が誰であるかはわからないが、
 - 私はこの場所を守りたいという圧倒的な衝動を持っていることを知っている。
 - 君の物理的なフォームは、スキャンされた他のどのフォームとも異なる。
 - 小さく、弱く、ここでは生き残れない。
 - 君は寄生虫なのか?
[メリッサ・フェアボーン]
 We are friends, we are here to help.
 - 私たちは友達です、私たちは助けるためにここにいます。
[コンボイ]
 You can help by leaving,
 we are experiencing technical issues with our very minds and can not trust outsiders.
 - 君が去ることが救いになる、
 - 我々はまさしく心で技術的な問題を経験していて、部外者を信用することはできない。
[メリッサ・フェアボーン]
 We are not outsiders!
 We are TRYING to assist if you'd listen--
 - 私たちは部外者ではありません!
 - あなたが聞いてくれるなら支援しようと--
[コンボイ]
 LEAVE NOW, OR YOU SHALL BE FORCED TO LEAVE.
 - 今すぐ立ち去らなければ、強制的に退去させるぞ!
[メリッサ・フェアボーン]
 FINE!
 A physically induced power recycling has proven useful in the past, Commander.
 Reboot him with some boots and I'll trace the signal to the source!
 - いいでしょう!
 - 物理的に誘発された電力のリサイクルは、過去に有用であることが証明されています、司令官。
 - 何発か彼を蹴り上げて再起動し、信号をソースまで追跡します!

3章
「Random Access Memory」
 ランダムアクセスメモリ

[コンボイ]
 Bits and bytes are coming back to me now...
 I am Optimus Prime, leader of the Autobots.
 I believe that freedom is the right of all sentient beings.
 - ビットとバイトが戻ってきているのを感じる...
 - 私はサイバトロンのリーダー、コンボイだ。
 - 私は自由が皆の権利であると信じている。
[メリッサ・フェアボーン]
 That's the big boss-Bot online,
 now to get to the bottom of this cloud-storage heist.
 - 偉大なるトランスフォーマーがオンラインになりました、
 - 今このクラウドストレージ強奪の真相にたどりつきます。
[コンボイ]
 That seems ideal,
 anyone capable of taking memories from us should be monitored and reasoned with.
 - 理想的だ、
 - 私たちから記憶を奪える者は誰であれ発見し、説教してやらねばな。
[メリッサ・フェアボーン]
 Approaching the source of the viral "clean-slate" transmission.
 The tech around here reads as Decepticon.
 To the surprise of no-one.
 - ウイルス「クリーンスレート」感染源に近づいています。
 - このあたりの技術はデストロンと推測します。
 - 誰も驚かないでしょうが。
[レーザーウェーブ]
 Decepticon...yes...this name is a familiar one.
 - デストロン...そうだ...まったく懐かしい。
[メリッサ・フェアボーン]
 Shockwave, did you delete your OWN memories?
 - レーザーウェーブ、あなたは自身の記憶を削除しましたか?
[レーザーウェーブ]
 By your tone and fear I can only assume some world-wide event
 has taken place to which you expected myself the source...
 I must possess SUCH power.
 - 君の口調と恐れは、
 - 君が私を源とする世界的な出来事が起こったと期待しているとしか思えない...
 - 私はそのような力を持っているべきなのだ。
[コンボイ]
 You will not possess it for long.
 - お前はそれをこれ以上所有することはできない。
--------------
[レーザーウェーブ]
 Ah yes, a read-me file has been left for myself FROM myself.
 Clever us. Something of a Spark that can unite or destroy.
 - ああ、そうだ、説明書きファイルは私自身から私自身のために残されている。
 - 我々は賢い。 結合または破壊することができるスパーク。
[メリッサ・フェアボーン]
 The All-Spark?
 - オールスパーク?
[レーザーウェーブ]
 Oh, that sounds right. YES.
 Yes I can see it in my memory banks now.
 A location locked away for safekeeping.
 - ああ、そうだな。 そうだ。
 - ああ、メモリバンクで確認できる。
 - 保管のためにロックされた場所が。
[メリッサ・フェアボーン]
 I really have to stop transmitting every thought that comes to my mind.
 Who were you keeping this information from?
 - とても信じられません。
 (※直訳:私は本当に頭に浮かぶすべての考えを伝えるのをやめなければなりません なので意訳)
 - この情報を一体誰から入手し保持していたんですか?
[レーザーウェーブ]
 The...Autobots? Yes.
 They were close to finding this All-Spark.
 So I purged ALL knowledge across this pathetic rock.
 - ...サイバトロンか? そうだ。
 - 彼らはこのオールスパークを見つけるのに近道だった。
 - それで私はこの哀れな岩くれ全員のすべての知識を一掃した。
[コンボイ]
 You took the minds of friend and enemy alike to protect a single weapon?
 - お前は一つの武器を自分のものにするためだけに、友人と敵の心を同じように奪ったというのか?
[レーザーウェーブ]
 I did, and I shall again. Perhaps this is not the first time we have had this conversation.
 Maybe this loop is our eternal fate.
 - 私はした、そして私は再びするだろう。
 - おそらく、私たちがこの会話をしたのはこれが初めてではない。
 - おそらく、このループは私たちの永遠の運命だ。
[メリッサ・フェアボーン]
 Well it's not OUR fate. Commander.
 Off-line this mem orv-bank-robber and let's find a way out of this timeline.
 - まあそれは私たちの運命ではありませんね。 司令官。
 - このミームorv-bank-robberをオフラインにして、
 (※orv-bank-robberはよくわからなかった。
   これで検索すると銀行強盗とかが出てくるので、そういう意味に近いのかも)
 - このタイムラインから抜け出す方法を見つけましょう。

 
★総評:
今回は今まで脇に徹していたメリッサ回の模様
レーザーウェーブについては、忠臣であるアニメと
ある意味誰よりも野心を持っているアメコミでの差を知らないと結構混乱するかも

「LOGICAL FALLACY」
 論理的誤謬

 [告知メール]
 Commander,
 The corruption continues to seep into the very fabric of our reality.
 In this Time-Slide, Wheeljack's altruism blurs loyalty for Jetfire
 as he attempts to save any bot regardless of faction.
 Will the bonds of camaraderie be stronger than personal beliefs?

 - 司令官、
 - 腐敗は私たちの現実の構造そのものに浸透し続けています。
 - このタイムスライドでは、ホイルジャックの博愛主義が
 - 派閥に関係なくボットを救おうとするため、ジェットファイアーの忠義を揺るがします。
 - 友情の絆は個人的な信念よりも強いでしょうか?

1部
「Sensitivity Training」
 感受性訓練
 (※人が自らの先入観をより強く認識し、自己及び他者に対してより理解のある人間になること、
   人間関係への洞察力を深めることを目標とする一つの訓練の形
   参考>
感受性訓練 - Wikipedia

1章
「Slippery Slope」
 滑り坂論法
 (※ドミノ理論とも呼ばれる。「一度○○を許せば、たちまち××になるであろう」という論法
   参考>https://rient.exblog.jp/17530003/

[メリッサ]
 I think we slipped back into a timeline during the Cybertronian Civil War.
 I'd advise against changing too much but at this point just try and survive!
 - サイバトロン内戦中のタイムラインに戻ったと思われます。
 - あまりいじくり回さないほうが良いですが、生き残るために全力を尽くしてください!
[ホイルジャック]
 Survival is a special trick of ours these days, friend.
 Sorry to drop in on a com-call but
 I assume you're a timeline hopping doppelganger, yes?
 - おお友よ、生存は最近吾輩たちにとって特別な技術や。
 - 立ち聞きしてしもうてすまんが、
 - お前さん、タイムラインホッピングドッペルゲンガーやろ?違うか?
[メリッサ]
 ...something like that.
 - ...そんな感じです。
[ホイルジャック]
 This proves a theory of mine, a universal constant,
 there's always someone tinkering with the clock and mucking up multiverses.
 - これは吾輩の理論、普遍的な定数が証明できるな。
 - 常に誰かが時間をいじって多元宇宙をいじくり回しとるんや。
[メリッサ]
 That someone is often YOU, Wheeljack.
 - その誰かはしばしばあなたですよ、ホイルジャック
[ホイルジャック]
 Can't help it if the interdimensional forces pick a charming Bot as their avatar.
 Now be a buddy and help me gather these supplies would ya'?
 - 次元間の力が魅力的なボットをアバターとして選ぶなら、それはしゃーないことや。
 - 今すぐ仲間になって、吾輩がこの物資を集めるのを手伝ってくれへんか。
[スカイファイアー]
 Those supplies are property of the Decepticons, and you are a trespasser here.
 - この物資はデストロンの所有物であり、君は侵入者だ。
[ホイルジャック]
 Silly me, thinking MEDICAL SUPPLIES could just go to anyone hurt and in need of help.
 Hey Commander?
 RUN FOR IT!
 - 吾輩はアホやし、医療用品は怪我をして助けを必要なやつんとこへ行くとばっかり思うとったわ。
 - ねえ司令官?
 - ほな一目散に逃げまっせ!
--------------
[スカイファイアー]
 I was told that these crates were a weapons supply drop.
 - 私は、これらの箱は武器供給用の投下物資だと聞いている。
[ホイルジャック]
 Oh yeah big bad weapons here.
 Spare wires, patches, servos, an extra hand or limb.
 Why it's packed full of DANGEROUS stuff to stop suffering.
 - せやな、ここに大きな悪い武器がある。
 - 予備のワイヤー、パッチ、サーボ、手または足。
 - 苦痛を止められるくらい危険なものがぎょうさん詰まっとるなあ。
[スカイファイアー]
 ..who are you healing?
 - ..君は誰を治療しているんだ?
[ホイルジャック]
 Whoever needs it, got a buddy who set up a secret spot.
 Someone needs help and they're getting it.
 - 必要とするやつは誰でも、秘密基地を作っとる仲間がおる。
 - 誰かが助けを必要としていて、みんなそいつらに協力しとる。
[スカイファイアー]
 After they pledge allegiance to Optimus I'm sure.
 Just more fuel for your fires.
 - 彼らがオプティマスへの忠誠を誓った後、私は確信している。
 - 火に油を注いでいるにすぎないと。
[ホイルジャック]
 Fella using this stuff isn't picky about sides.
 He sees a hurt and he patches it.
 I'm just making sure his cupboards stay stocked.
 - これを使っとるやつは、そんな気難しい奴やない。
 - あいつは怪我を見て、それを治す。
 - 吾輩はあやつの戸棚のストックがまだあるか確認しとるだけや。
[スカイファイアー]
 You're lying. No Autobot is this noble.
 I know your type.
 Drop all stolen goods and surrender for judgement and sentencing.
 - 君は嘘をついている。 サイバトロンはこれほど高尚ではない。
 - 私は君の性格を知っている。
 - 盗んだものをすべて捨て、判決と判決のために降伏するんだ。
[ホイルジャック]
 Alternative plan,
 I slip right by you and we pretend none of this ever happened.
 - ほな別の計画にしよか、吾輩はお前さんのすぐそばに滑り込む、
 - そして何もなかったふりをするんや。

2章
「Slippery Slope」
 ブレインストーミング
 (※集団でアイデアを出し合うことによって相互交錯の連鎖反応や発想の誘発を期待する技法
   参考>
ブレインストーミング - Wikipedia

[ホイルジャック]
 You know when I said "slip right by you"
 I was hoping that was going to bypass the whole FIGHT part.
 Now hold still.
 - 吾輩が「お前さんのすぐそばに滑り込む」と言ったとき、
 - お前さんが戦いを避けようとしていたことはとっくに理解しとる。
 - じっとしとれ。
[スカイファイアー]
 Why? You can't execute a prisoner if they're moving?
 - なぜだ? 君はまだ生きている捕虜を処刑できないのか?
[ホイルジャック]
 Execute?
 What are they training you in that Decepticon Doom Den?
 I'm patching up the parts we had to blast to settle ya' down.
 - やるんか?
 - お前さんはデストロンドゥームデンで一体どんな訓練を受けとるんや?
 - お前さんをおとなしくさせるために吹っ飛ばしたとこを治療したるわ。
[スカイファイアー]
 But...if I am healed I will only stop you again.
 - しかし...私の傷が治れば、私は君を再び止めるだけだ。
[ホイルジャック]
 Well I'm politely asking you not to.
 I can't spend all day using these supplies on you,
 I got friends in real need of them.
 - さあて、吾輩はお前さんにそうしないように丁重にお願いしとるとこや。
 - 吾輩はこの物資を使って一日を過ごすことはできんくなった、
 - これを本当に必要としている友達ができたからな。
[スカイファイアー]
 I...I COULD stop you.
 I could make sure no one gets these supplies.
 - 私は...私は君を止めることができる。
 - 私は誰もこれらの物資を手に入れないようにすることができた。
[ホイルジャック]
 That REALLY what you want to do?
 Because I don't think it is.
 - それは本当にお前さんがしたいことか?
 - そうは思わんがなあ。
[スカイファイアー]
 ...get these supplies to your medic, Autobot.
 - ...これらの物資を医者のサイバトロンに渡してくれ。
 (※ここでなぜかスカイファイアーが左からも出てきて2人になるが、
   特にストーリー上意味はないのでただの設定ミスと思われる
   G1特有の作画ミスかな)
--------------
[サンダークラッカー]
 Am I having a faulty defrag,
 or did I just see an Autobot walk away from you with a bunch of our gear?
 - デフラグに問題があるのか、それともサイバトロンが
 - たくさんのギアを持ってお前さんから離れていくのを見ていただけか?
[スカイファイアー]
 Even during the horrors of war,
 we should avoid an attack on a member of the medical staff.
 - 恐るべき戦争の間であっても、
 - 私たちは医療スタッフのメンバーへの攻撃を避けるべきだ。
[サンダークラッカー]
 IS THAT the line he fed you?
 "OH I NEED THESE SUPPLIES FOR MY POOR SICK FRIENDS".
 They just don't want US to have them!
 - それは奴がお前さんに伝えたことか?
 - 「ああ、私の貧しくて病気の友達のためにこれらの物資が必要です」。
 - 奴らは俺たちに物資を渡したくないだけだ!
[スカイファイアー]
 He helped me when he could have left me to go offline.
 - 彼は私をオフラインにすることができたときに私を助けてくれた。
[サンダークラッカー]
 Tactical. Cold.
 An act performed to fool those with only a basic operating system.
 - 戦術だ。 冷酷な。
 - ベーシックオペレーティングシステムしかない奴をだますためにやっているんだ。
[スカイファイアー]
 I am far from BASIC.
 I just wish for a step towards peace.
 I tire of this war.
 - 私はベーシックからはほど遠い存在だ。
 - 平和への一歩を願っている。
 - 私はこの戦争にうんざりしている。
[サンダークラッカー]
 Well once I blast Wheeljack we'll be one destroyed Autobot closer to victory!
 - ホイルジャックを吹っ飛ばしゃあ、サイバトロンの絶滅と勝利に近づくぜ!
[スカイファイアー]
 What? No! I cannot allow that.
 - 何? だめだ! それを許すことはできない。

3章
「False Analogy」
 類似性の錯誤
 (※原因と結果が似ているべきだという錯誤。例えが間違っているという論法。
   参考>https://rient.exblog.jp/17326388/

[スタースクリーム]
 Not that I don't see the value in training against a worthy opponent but...
 what the SLAG are you up to Jetfire?
 - 立派な対戦相手に対するトレーニングの価値がわからないわけじゃないが...
 - まったく何て
ザマだ、スカイファイアー
[スカイファイアー]
 ... Thundercracker was...we can't... Starscream,
 the war we are fighting has become nonsensical.
 Why MUST we fight?
 - ...サンダークラッカーは...できない...スタースクリーム
 - 私たちが戦っている戦争は無意味になった。
 - なぜ私たちは戦わなければならないのだ?
[スタースクリーム]
 Let me play Leige Maximos' Advocate here for a moment.
 We fight, so THEY won't destroy us.
 It is pure and simple...like you, Jetfire.
 - ここで、Leige Maximosの宣託を再生させてもらおう。
  (※Leige Maximos:13のプライムの一人で、デストロンの祖。
    とはいえこのあたりの設定はコロコロ変わるので
    たくさんあるデストロン出現設定のうちの一つとして考えるのがよいかと
    参考>https://tfwiki.net/wiki/Liege_Maximo
 - 俺たちは戦う、奴らは俺たちを破壊しない。
 - それは純粋でシンプルだ...お前のようにな、スカイファイアー
[スカイファイアー]
 But if we stopped fighting, they'd have no need to fight back.
 They act in self defense.
 Wheeljack was taking medical supplies.
 - しかし、私たちが戦うのをやめれば、彼らは反撃する必要はない。
 - 彼らは自己防衛で行動している。
 - ホイルジャックは医薬品を持っていた。
[スタースクリーム]
 Ah, so they are thieves.
 They plot. They plan.
 They take supplies We should have rightfully had.
 - ああ、奴らは泥棒だ。
 - 奴らは陰謀を練る。計画する。
 - 奴らは俺たちが正当に持っていたはずの物資を持っていく。
[スカイファイアー]
 Both sides assume they are correct, but surely there is some compromise.
 Something to allow this conflict to end.
 - 双方はそれらが正しいと仮定する、しかし確かにいくらかの妥協点がある。
 - この対立を終わらせるための何かが。
[スタースクリーム]
 When the Spark of the last Autobot sputters to a pathetic end...the war shall be over.
 - 最後のサイバトロンのスパークが哀れに飛び散ったとき...戦争は終わるだろうよ。
--------------

 [スタースクリーム]
 So to recap, you knowingly allowed a rebel Autobot to steal supplies
 from us for the purposes of increasing their weapon stronghold.
 - 要約すると、お前は故意に、反乱軍のサイバトロンが
 - 拠点の兵器を増やす目的で俺たちから物資を盗むことを許可した。
[スカイファイアー]
 No...I didn't stop someone from taking needed medical supplies to the wounded.
 - 違う...私は誰かが必要な医薬品を負傷者に持っていくのを止めなかった。
 [スタースクリーム]
 A healed Autobot IS A WEAPON!
 Get it through your processor you thick-headed dolt!
 - 治療されたサイバトロンは兵器だ!
 - お前のプロセッサーがいかれちまったことに気づかないのか!
[スカイファイアー]
 Why must all Decepticons deal in absolutes?
 There are other ways.
 - なぜすべてのデストロンが絶対的に対処しなければならない?
 - 他の方法がある。
 [スタースクリーム]
 You speak as though YOU are no longer a Decepticon, brother.
 - もうデストロンではないかのように話すんだな、兄弟。
[スカイファイアー]
 I...I don't know what I am.
 War changes an individual.
 - 私は...私が何であるかわからない。
 - 戦争は個人を変える。
 [スタースクリーム]
 Allow me to relieve you of the weight of your disillusions...TRAITOR.
 You are scrap, you've always been scrap,
 and now I shall put you back into the junkheap.
 - まったく幻滅させてくれるじゃないか...裏切り者。
 - お前はスクラップだ、お前はいつもスクラップだった、
 - そして今、俺様はお前をスクラップ置き場に戻す。

 
スカイファイアーデストロン→サイバトロンへの移籍は重要な要素として語られることが多いですね
 スタスクとの友人関係と決別も重要な要素として扱われがちです。
 G1では無所属→デストロン→サイバトロンとごく短期間のうちに移籍してましたが、
 今回のように元デストロンだったり、
 また本人は元からサイバトロンで変わらないがスタスクのほうがデストロンに移籍する、など
 お話ごとにいろんなパターンが存在するようです。